« 象徴と実体 | トップページ | 停波命令は無いだろう »

2016年3月16日 (水)

何故、一致結束できないのだろう

何故、一致結束できないのだろう

朝日新聞 社説:民進党発足へ 党名を生かす努力を(2016年3月16日(水)付)
http://www.asahi.com/paper/editorial2.html?iref=editorial_news_one

選挙で勝てば、あとは白紙委任で与党にお任せ、ではない。「国民とともに」、ボトムアップで合意を形作っていく。民進党がめざすべきは、そんな政治のあり方ではないか。

理念や政策を練ることは言うまでもない。議論を尽くした後は、一致結束する政党文化を身につけることも急務だ。

同時に、幅広い市民との協調を広げ、野党共闘の実をあげる努力も欠かせない。

民主党(民進党)は、何故、「議論を尽くした後」に、「一致結束する」ことが出来ないのだろうか。

政党名のブランド力が小さいのだろうか。それとも政治家個人の背後にある支援者たち(業界団体・労組・市民団体)が非妥協的なのだろうか。

政党の行動を決めるのは、政党に所属する人間(議員・職員)だけではない。民主党(民進党)を支援する様々な団体が支援する議員に対して「議論を尽くした後は、一致結束する」ことを求めなければ、民主党(民進党)はバラバラのままだろう。

と言うか、支援団体の主張が強すぎで(議員が支援団体を説得できないので)バラバラになるのではないだろうか。もしそうなら、「議論を尽くした後は、一致結束する」ためには支援団を含めて政治についての習慣・文化が変わらなければならない。それは難しいだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 象徴と実体 | トップページ | 停波命令は無いだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63352357

この記事へのトラックバック一覧です: 何故、一致結束できないのだろう:

« 象徴と実体 | トップページ | 停波命令は無いだろう »