« 奨学金よりも | トップページ | 民主主義の本質は仲間意識 »

2016年4月18日 (月)

地裁で負けた?

地裁で負けた?

朝日新聞:「君が代」不起立、元教員側が敗訴 再雇用拒否を容認
http://www.asahi.com/articles/ASJ4L55Q3J4LUTIL03P.html

卒業式で「君が代」斉唱時に起立しなかったことを理由に定年後の再雇用を拒否されたのは違法だとして、東京都立学校の元教員3人が計約1760万円の損害賠償を都に求めた訴訟で、東京地裁は18日、元教員の請求を棄却する判決を言い渡した。清水響裁判長は「職務命令より自己の見解を優先させたことが、選考で不利に評価されてもやむを得ない」と述べた。

判決によると、3人は斉唱時の起立を命じた職務命令に違反したとして停職などの懲戒処分を受けた。これを理由に2011年、定年後の非常勤職員の選考で不合格になった。

地裁で原告に有利なトンデモ判決が出ることが多いと感じているので、こういったまともな判決が出ると驚いてしまいます。と言うか、様々なテクニックを駆使して自分たちに有利な裁判官を選択したのであろうに、不利な判決が出てしまった。

  *        *       *

「職務命令より自己の見解を優先させたことが、選考で不利に評価されてもやむを得ない」

う~ん、まともです。

公務員は国民に選ばれた人々の指示にしたがわなくちゃいけませんから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 奨学金よりも | トップページ | 民主主義の本質は仲間意識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63505249

この記事へのトラックバック一覧です: 地裁で負けた?:

« 奨学金よりも | トップページ | 民主主義の本質は仲間意識 »