« 野党への期待度が低くなっている? | トップページ | くだらない »

2016年4月10日 (日)

ヘイトスピーチの難しさ

ヘイトスピーチの難しさ

毎日新聞 社説:ヘイトスピーチ 根絶へ政治の意思示せ
http://mainichi.jp/articles/20160410/ddm/005/070/030000c

与党案は、ヘイトスピーチを不当な差別と位置づけた。より広範な差別を規制対象とし、「禁止」を明確にした野党案と開きはあるが、罰則を伴わない点は共通する。拡大解釈で表現の自由が脅かされることのないようヘイトスピーチの定義を明確にしたうえで、道路でのデモや公共施設の使用を止められるような実効性のある法律にすべきではないか。政治の強い意思を示すべきだ。

ヘイトスピーチの難しさは定義の難しさだ。定義できさえすれば、ヘイトスピーチを禁止することに抵抗はないだろう。

大雑把な定義は危険過ぎるし、細かく定義すれば実効性がなくなる。特定民族に対する言動を抑止すれば「特権」になってしまう。

  *        *        *

ヘイトスピーチの難しさは定義の難しさだ。

「拡大解釈で表現の自由が脅かされることのないようヘイトスピーチの定義を明確に」などと言うだけでは、前進はないだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 野党への期待度が低くなっている? | トップページ | くだらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63463783

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイトスピーチの難しさ:

« 野党への期待度が低くなっている? | トップページ | くだらない »