« 韓国の反日はどうなるかしら | トップページ | じゃまにならなきゃ良いけれど »

2016年4月14日 (木)

国家というものは必然

国家というものは必然

CNET Japan:FacebookのザッカーバーグCEO、「壁の建設」に懸念--トランプ氏の政策批判
http://japan.cnet.com/news/society/35081100/

Trump氏は、自身が大統領に選出されれば、メキシコとの国境に壁を建設すると述べている。

Zuckerberg氏は壇上で、「壁を建設するとか、よそ者のレッテルを貼って人々を遠ざけようと呼びかける恐ろしい声を耳にしている」と語った。「世界が内向きになり始めたら、われわれのコミュニティーは人々をつなげるためにさらに頑張るしかない」(Zuckerberg氏)

Trump氏は以前、Zuckerberg氏をやり玉に挙げ、FacebookのCEOである同氏が自身の公益団体「Fwd.us」を通じて、より開かれた移民政策を推進する動きを、米国の労働者にとって好ましくない動きだと評していた。Zuckerberg氏は12日、人々をつなぐというFacebookの大きなミッションについて述べ、反論した。

国家というものは利益集団だ。国民の利益を追求するのが国家の役割だ。で、あるならば、国民の職を守るのも国家の仕事のひとつだ。だから、「より開かれた移民政策を推進する動きを、米国の労働者にとって好ましくない動き」だと判断するのであれば、国境管理を厳しくするのも合理性がある。

  *        *        *

一方、「人々をつなぐというFacebookの大きなミッション」と発言したザッカーバーグ氏は国家を超えた人々の結びつきを考えているように思える。しかし、それでは各個人の利益を誰が守るのだろうか(何かの結びつきが、あるいはコミニュティが各個人の利益を守るのだとすれば、それは「もうひとつの国家」だ)。

  *        *        *

国家であれ何であれ、個々人の利益を守る何か。そういった何かは、利益を守る対象とそうでない人間を峻別する。その峻別をするなとか、利益を守るなという言葉は、各個人がバラバラに自分の利益を守るという弱肉強食の社会を望んでいるのと同じことだ。

  *        *        *

壁を作らない方がアメリカ国民の利益を守るのだ、という意見はありえるだろう。しかし、人と人を結びつけるなどと言う言葉だけでは、弱肉強食の社会を望んでいるのと同じことだ。

BlogRanking (クリックしてくれると元気が出ます)

|

« 韓国の反日はどうなるかしら | トップページ | じゃまにならなきゃ良いけれど »

コメント

フェイスブックもまた1つのサークルで、この御仁としては、そうしたサークルの利益追求や保全のために、外部との「戦い」と言う物を不可欠とする事もありえます。

投稿: DUCE | 2016年4月15日 (金) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63486955

この記事へのトラックバック一覧です: 国家というものは必然:

« 韓国の反日はどうなるかしら | トップページ | じゃまにならなきゃ良いけれど »