« 政府が公開することと私人が暴露すること | トップページ | ヘイトスピーチの難しさ »

2016年4月 9日 (土)

野党への期待度が低くなっている?

野党への期待度が低くなっている?

共同通信:野党4党で113議席、小選挙区 14年衆院選で試算
http://this.kiji.is/91463805810606086?c=39546741839462401

民進、共産、社民、生活の野党4党で次期衆院選の小選挙区候補を一本化したと仮定し、2014年衆院選結果に基づき得票を合算すると、4党で小選挙区定数295のうち113議席の獲得が見込まれることが、共同通信の試算で分かった。比例代表議席を前回並みとした場合、与党は憲法改正の国会発議に必要な3分の2勢力を下回る。

野党が「小選挙区候補を一本化」して「小選挙区定数295のうち113議席」ですか、つまり与党が295-113で182議席。全体の60%を越えます。ふつうの選挙というか以前であれば与党の圧勝と言ってよい結果ではないでしょうか。

それなのに与党が3分の2を超えなければ良いというふうに野党の目標レベルが低くなっていないでしょうか。

  *        *         *

競争社会ではナンバーワンの行動はナンバーツーに影響されます。ナンバーツーに抜かれなければナンバーワンでいられますから。ナンバーツーのレベルが低ければナンバーワンも安心して好き勝手できますから。

  *        *         *

野党のレベルの低さこそが日本の政治の不幸の原因だと私は思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 政府が公開することと私人が暴露すること | トップページ | ヘイトスピーチの難しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63462268

この記事へのトラックバック一覧です: 野党への期待度が低くなっている?:

« 政府が公開することと私人が暴露すること | トップページ | ヘイトスピーチの難しさ »