« 福島原発事故の教訓 | トップページ | 野党への期待度が低くなっている? »

2016年4月 9日 (土)

政府が公開することと私人が暴露すること

政府が公開することと私人が暴露すること

朝日新聞:西川氏執筆、「TPP内幕本」に野党猛反発
http://www.asahi.com/articles/ASJ485GJLJ48ULFA01Z.html

環太平洋経済連携協定(TPP)に関する8日の衆院特別委員会で、政府が「守秘義務がある」として交渉経過などの記録の公開を拒む中、自民党の西川公也委員長が執筆した本に交渉の内幕が書かれていることがわかり、野党が反発。審議が中断した。交渉経過をどこまで明らかにできるのかが、今後の当面の審議の焦点になりそうだ。

政府が公開することと、関係者が私的な立場で公開することの重みは違うと思うます。でも、野党は特に共産党や民進党は、そしてマスコミは判っていながら大きな声をあげるでしょう。

  *         *        *

しかし、微妙な時期に出版する西川さんは政治家としてどうなのでしょうか。私は、能力に疑問を感じます。

政治指導者にとって最大の罪は、汚職でも権力欲でもなく、「無能」であることです。無能な指導者のもたらす害に比べれば、汚職のもたらす害なんて知れたものですから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 福島原発事故の教訓 | トップページ | 野党への期待度が低くなっている? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63459215

この記事へのトラックバック一覧です: 政府が公開することと私人が暴露すること:

« 福島原発事故の教訓 | トップページ | 野党への期待度が低くなっている? »