« 不安の奴隷 | トップページ | チェルノブイリは「野性の王国」 »

2016年4月26日 (火)

政党を表に出さないのって

政党を表に出さないのって

毎日新聞 社説:衆院北海道補選 組織力でしのいだ自民
http://mainichi.jp/articles/20160425/ddm/005/070/054000c

今回、野党共闘が政権批判票の分散を防ぎ、自民を脅かしたことは確かだ。だが、自民が「野合」批判に重点を置いたこともあり、政党色を出さない戦術を取った。民進党が政権の担い手を目指すのであれば、選挙協力で目指す政策や、政権構想との関係をより明確にする必要があろう。

政党を表に出さないと判りにくいんだな。県知事や市長の選挙なんかで無所属の候補だらけだと、なにがなんだか判らない。

  *        *        *

政党色を出さないってことは、自分の所属する政党が嫌われているって自覚があるってことだよね。

  *        *        *

複数の政党が政策を明確にしないで統一候補を出して選挙を戦ったら、勝った場合、選挙民の期待を裏切ることになる。何故なら、それぞれの政党にそれぞれの政策があり、その政党の支持者はそれを期待して投票する。しかし、ひとりの統一候補が全ての政策を実行することは当然できないし、実行しようとすることすら出来ない(矛盾する政策があったりするから)。

民主党政権の時よりも簡単に空中分解するだろう。

  *        *        *

政党を表に出さないで選挙を戦うなんて不誠実だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 不安の奴隷 | トップページ | チェルノブイリは「野性の王国」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63538286

この記事へのトラックバック一覧です: 政党を表に出さないのって:

« 不安の奴隷 | トップページ | チェルノブイリは「野性の王国」 »