« 野党統一候補は北朝鮮をどう思う | トップページ | 投票しよう »

2016年6月24日 (金)

野党にお灸をすえよう!とも言える

野党にお灸をすえよう!とも言える

朝日新聞:参院選公示、問われる安倍政治 アベノミクス・安保法
http://www.asahi.com/articles/ASJ6Q5DBSJ6QUTFK00F.html

第24回参議院選挙は22日公示された。経済政策「アベノミクス」や安全保障関連法の是非などをめぐり、与野党は論戦を始めた。憲法改正の国会発議に必要な3分の2の勢力が形成されるかどうかも焦点となる。第2次安倍政権発足から3年半の「安倍政治」の評価が問われる。

「◯◯政権の評価が問われる」、選挙前にはよく言われる言葉だ。けれど、選挙は選択であり、政府や政権に点数をつけることではない。自民党に任せるか共産党か民進党か、どの政党が政権を担当するのにふさわしいのか、法律を定めるにふさわしい人間はだれか。そういった判断をするのが選挙だ。

安倍さん自身にとっては自分への評価ということになるかもしれないが、選択する側の立場でいえば、選挙は安倍政治に何点などと点数を付けることではない。選挙で判断するべきは、安倍さんと岡田さん、自民党と民進党、どちらが政府を任せるのにふさわしいかだ。

  *     *      *

Aさんと付き合って不満だから、Bさんと付き合うべきか。ことのとき考えるべきはAさんの評価や点数だけじゃダメだ。判断はすべきはAさんとBさんのどちらが良いかということだ。Aさんのことだけ考えて判断してはダメだ。

  *     *      *

安倍政治に不満があったとしても、それだけでは野党に投票できない。自民党と民進党や共産党を比べてみてみなければならない。

  *     *      *

ところで、自民党にお灸をすえよう、などと言われることがある。ならば、野党にお灸を据えよう、と言うこともできる。無能な野党は与党を増長させ弛緩させる。そんな野党はお灸をすえられるべきかもしれない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 野党統一候補は北朝鮮をどう思う | トップページ | 投票しよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63821889

この記事へのトラックバック一覧です: 野党にお灸をすえよう!とも言える:

« 野党統一候補は北朝鮮をどう思う | トップページ | 投票しよう »