« 民進党や共産党は若者の敵になりたい? | トップページ | 英国のEU離脱 »

2016年6月21日 (火)

民主主義とは差別だ

民主主義とは差別だ

朝日新聞 社説:若者と考える参院選 不安・怒りが活動の力
http://www.asahi.com/articles/CMTW1606202800002.html

関西の学生らで構成する「SEALDs KANSAI」。メンバーで龍谷大4年の邊玲奈(ピョンリョンナ)さん(21)=東大阪市=は在日韓国人。政治に関心を持ったのは、大阪朝鮮高級学校を卒業した2013年春。



邊さん自身は投票権がない。「本当はのどから手が出るほど投票に行きたい」。若者の投票が伸びないことがもどかしい。「投票をしたくてもできない人がいる。重い一票を放棄しないで」と訴える。

邊さんには、なぜ日本の投票権が無いのだろうか。それは、彼が日本人の子供としてではなく韓国人の子供として生まれたからだ。つまり、生まれで政治的権利が決まっているのだ。

生まれで政治的権利が決まること、これを差別と言わずして何と言おうか。

  *        *       *

これは日本だけのことではない。私には韓国の投票権はないが、これは私が日本人の子供として生まれ、韓国人の子供としては生まれなかったからだ。韓国もまた生まれで政治的権利を決めるという差別をしている。

もっとも、世界中の民主国家すべてで生まれによって政治的権利を決めるという差別をしている。完全に「どんな人間でも政治的権利を平等に与える」という民主国家は存在しない。

民主主義とは差別の上に成り立っている。

  *        *       *

民主国家においては、その国の国民すべてに参政権がある(未成年者は「与えられる予定」だけれど)。逆に言うと、参政権を持っている人間が国民なのだ。

つまり、日本の参政権が欲しいということは、日本人になりたいということなのだ。

  *        *       *

参政権を欲しがる前に自分は何人なのか(何人でありたいのか)を考えるべきだ(私は日本人だから韓国の参政権は欲しくない)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民進党や共産党は若者の敵になりたい? | トップページ | 英国のEU離脱 »

コメント

この学生はもっぱら日本の参政権のみ見ており、韓国の参政権の方は見向きしてしませんね。
差別は、ある者がよそを見下すのみならず、かように自身を低く見る態度によっても成り立つのですな。それは我われの態度とは無関係に彼ら自身が勝手にやっている物。こんな事まで我々が悪いかのように思われてはたまった物ではありません。

投稿: DUCE | 2016年6月21日 (火) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63808456

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義とは差別だ:

« 民進党や共産党は若者の敵になりたい? | トップページ | 英国のEU離脱 »