« 民主主義とは差別だ | トップページ | 野党統一候補は北朝鮮をどう思う »

2016年6月22日 (水)

英国のEU離脱

英国のEU離脱

ロイター:英国EU離脱めぐり国民投票で選択へ 女性議員殺害事件も影響か
http://diamond.jp/articles/-/93520?page=2

一方、ドイツのシュタインマイヤー外相は今月、「離脱が決まれば、EUを揺るがすだろう。加盟28カ国から1カ国が抜けるだけで済まない」と指摘。

「EUの結束を確保し、数十年にわたって成功してきた統合努力が分裂に終わらないよう、協調した取り組みが必要になる」と訴えた。

明日23日、英国でEU離脱についての国民投票が行われます。EU離脱した場合、英国についての議論はよく目にしましたが、残留したEU各国はどのような影響を受けるのでしょうか。

  *        *         *

離脱により英国がEUとの貿易ついて受ける影響は、そのまま裏返してEUが受ける影響でもあります。英国からEUへの輸出が不利になるなら、EUの消費者は選択肢を減らされることでもありますから。

しかし、EUへの影響は経済だけではありません。英国が離脱して離脱してもそれなりにやってゆけていたら、EUに不満を持つ国が後に続くかもしれません。

極端に言えば、今回の国民投票がEU崩壊の引き金を引いたなどと言われるようになるかもしれない、と言うことです。

  *        *         *

「EUの結束を確保し、数十年にわたって成功してきた統合努力が分裂に終わらないよう、協調した取り組みが必要になる」

統合の為の理念や努力が下々の者達には伝わっていなかったというか、説得できていなかったのでしょう。その結果が、今回の英国の国民投票であり欧州各国の右傾化です。

  *        *         *

しかし、多民族・多文化共生、寛容の強制というのは無理あるよなぁ~。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主主義とは差別だ | トップページ | 野党統一候補は北朝鮮をどう思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63813168

この記事へのトラックバック一覧です: 英国のEU離脱:

« 民主主義とは差別だ | トップページ | 野党統一候補は北朝鮮をどう思う »