« 憲法が国民のものと言うなら | トップページ | 消費税ではなく、子育てを »

2016年6月 8日 (水)

期待した私がバカでした

期待した私がバカでした

東京新聞:4野党と市民連合 参院選へ政策協定 安保法廃止など柱
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201606/CK2016060702000239.html

民進、共産、社民、生活の野党四党は七日、参院選での野党共闘を呼び掛ける市民団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」との間で、七月の参院選に向けた政策協定を結んだ。安全保障関連法廃止や立憲主義の回復、改憲阻止などが柱。参院選での四野党の共通政策の土台となる。市民との連携を進めることで、幅広く政権批判票を取り込む狙いもある。

社会党崩壊&民主党結成の時には、ちょっとだけ期待したのです。護憲ガチガチの方々を分離して、安全保障や国際社会に対して現実的な人々が自民党への対抗勢力となり、自民党以外の選択肢ができると。

でも、民主党は予想した以上にサヨクで、さんざんもがいたあげく政権をとったはいいがボロボロで、結局、政権を失い、党勢は衰退し、看板を民進党と掛け替えても効果なし。結局、共産党と組んだのですよ。そして、思考停止の護憲。

これなら、社民党の人々の方が判りやすいぶんマシというものです。

  *       *     *

期待した私がバカでした、民進党のような存在は害悪です。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 憲法が国民のものと言うなら | トップページ | 消費税ではなく、子育てを »

コメント

全くそのとうり。 
自民党と対抗する、まともな政党として民主党はどこが違うのか、、、と当時は思っていて、もしかして小さな政府(=予算)を目指しているのか、とか誤解してました。 
結局、自民党と違う点と言うか、民主党を一つの党としてまとめていたのは、親韓・親中国のイデオロギーだった。いわゆる、サヨク主義も横路さんや仙石さんのような社会党出身者も転向せずに合流したのが駄目だったんでしょう。 今は、無党派層がもはや振り向かずに自民党よりになっているし、自民党に批判する層は「日本のこころ」「おおさか維新」に目が言ってるから、民進党もコアの支持者を固めて共産党との選挙協力に頼るしかないという守りだけの状態。着々と、社民党のようになって、やがて消滅という道に向かっているようだよね。 

投稿: 北極熊 | 2016年6月 8日 (水) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63747026

この記事へのトラックバック一覧です: 期待した私がバカでした:

« 憲法が国民のものと言うなら | トップページ | 消費税ではなく、子育てを »