« 政治的行為の評価は結果で行う | トップページ | 沖縄に戦火ふたたび »

2016年6月15日 (水)

なんだかなぁ~

なんだかなぁ~

Newsweek:パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】
http://www.newsweekjapan.jp/pakkun/2016/03/post-11.php

宇宙人が地球に来て、アメリカ人の脳みそを吸い取ったり腐らせたりして、国民の過半数が理性を失えば理不尽な選挙結果になり得る・・・おっと、もしかしたら、宇宙人ってトランプのこと? もう始まっている? ノォォ~~~!

きっとない。トランプ大統領という悪夢はきっと実現しない。でも、万が一にでも、トランプが大統領になった場合、日本の皆さん、お願いします。国籍ください!

亡命でも、難民申請でも何でもします! 毎日お味噌汁飲みます!

トランプ大統領のアメリカにだけは、住まわせないでください!!

あとカナダにもね。

引用した記事は3月のものです。アメリカ大統領選挙の記事をあさっていて、古い記事に引っかかりました。

  *        *       *

日本でも「◯◯さんが、首相になったら、日本人やめる」とか「◯◯法が成立したら、国外脱出する」といった言葉を聞くことがあります。アメリカも同じということでしょう。いえ、となりにカナダという友好国がありますから、より現実的かもしれません。

  *        *       *

しかし、「◯◯さん」とか「◯◯法」、今回の場合はトランプさんですが、本当に悪いものであったとしても発言者は自分は逃げると言っている訳ですよ。国がピンチになったら逃げると言っている訳ですよ。

  *        *       *

ピンチになったら逃げると言っている人間を、チームの仲間はどう思うでしょうか。

民主主義ってのは、話し合いと妥協の繰り返しですが、それは国民同士が仲間だと思っていないと成立しないものなのですが。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 政治的行為の評価は結果で行う | トップページ | 沖縄に戦火ふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63779873

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかなぁ~:

« 政治的行為の評価は結果で行う | トップページ | 沖縄に戦火ふたたび »