« 難民無罪? | トップページ | 政治指導者にとって最も重要な資質や能力は何か~民進党衰退の理由 »

2016年7月27日 (水)

福祉の矛盾

福祉の矛盾

中日新聞 社説:障害者施設殺傷 許されない命の蹂躙
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2016072702000122.html

全国で相次ぐ障害者への虐待事例を思いおこしてみる。厚生労働省のまとめでは、二〇一四年度の施設での虐待に関する通報や相談は千七百件余りに上った。今度の事件と同根の部分はないか。

高齢化が進むにつれ、心身の機能が衰えた人は増える。施設の安全策を強め、職員の技能もモラルも高めねばならない。

四月に施行された障害者差別解消法は、障害者の生きづらさを和らげるよう周りに配慮を促している。障害の有無にかかわらず、人の尊厳と平等を守り、支え合う共生の大切さをいま一度考えたい。

事件に教訓を学び、安心安全な社会をつくり続けねばならない。

障害者を含めてだけれど、援助が必要な方へ援助をする、それは正しいことだ。しかし、援助をすればするほど、援助の網からもれてしまった人間、基準ギリギリで援助の対象にならなかった人間、基準で考慮されていない人間とのギャップが大きくなる。そういった人間にしてみれば、自分の置かれた状況とくらべて、援助を受けている人間の待遇が不当に良いものに見えてしまうだろう。

そして、さまざまな施設で働く人間の中にも「漏れてしまった人間」がいるだろう。

  *        *        *

「四月に施行された障害者差別解消法は、障害者の生きづらさを和らげるよう周りに配慮を促している」

配慮することは正しいことだ。しかし、その副作用、配慮されない人間の気持ちをどう考えるべきだろうか。

  *        *        *

福祉を手厚いものにすればするほど、この問題は大きくなり犯罪や虐待を誘発することになる。まさに矛盾と言わざるをえない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 難民無罪? | トップページ | 政治指導者にとって最も重要な資質や能力は何か~民進党衰退の理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63972400

この記事へのトラックバック一覧です: 福祉の矛盾:

« 難民無罪? | トップページ | 政治指導者にとって最も重要な資質や能力は何か~民進党衰退の理由 »