« 選挙では「政策」ではなく「人」や「政党」を選択する | トップページ | 戦後の言論人の限界 »

2016年7月12日 (火)

気に入らない交渉相手だったら

気に入らない交渉相手だったら

読売新聞;首相「大胆な経済対策を」…改憲議論に期待感
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/news/20160711-

憲法改正について、民進党の岡田代表が、安倍内閣の間は議論に応じない考えを示していることは、「建設的な対応とは言えない。憲法審査会でまずは議論していくべきだ」と述べ、岡田氏を批判した。

具体的な改憲項目については明言を避けたが、「いかに我が党の案をベースに(国会発議に必要な衆参各院の)3分の2を構築していくか。これが政治の技術と言ってもいい」と語り、自民党が2012年にまとめた憲法改正草案を基に議論を進める考えを示した。

万一、岡田さんが首相だったら「アメリカのトランプ候補が大統領になったら、アメリカとは交渉しない」とか言うのかな。ライバル会社や交渉相手の担当者や社長が気にくわないからといって交渉しないなんていうことが許されるのかな。

  *        *        *

岡田さんの言葉がポーズや戦術、交渉前の駆け引きや時間稼ぎであればともかく、本気で言っているなら、そんな我侭がゆるされるほど野党であることは甘い(ゆるい)のだろうかと思ってしまう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 選挙では「政策」ではなく「人」や「政党」を選択する | トップページ | 戦後の言論人の限界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63903682

この記事へのトラックバック一覧です: 気に入らない交渉相手だったら:

« 選挙では「政策」ではなく「人」や「政党」を選択する | トップページ | 戦後の言論人の限界 »