« 原発神話 | トップページ | それだけじゃない »

2016年8月14日 (日)

国民性

国民性

中央日報:【グローバルアイ】大国の仕返し=韓国
http://japanese.joins.com/article/366/219366.html?servcode=100&sectcode=120

「10年かかっても必ず報復をしてこそ君子(君子報讐十年不晩)」と考えるのが中国人だ。「復しゅうのためなら千里も咫尺(報讐千里如咫尺)」という言葉も李白の詩句に登場する。今起きていることはその始まりの始まりに過ぎないかもしれない。

自分の感覚から言うと恨みや復讐は忘れて(忘れられなくても「腹の奥に仕舞って」)対応するのが「君子」なのですが、中国や韓国では違うのかもしれません。

「10年かかっても必ず報復をしてこそ君子(君子報讐十年不晩)」

日本にも「仇討ち」というものはありましたけれど、罪人にはきっちり対応すべきなのも君子ですけれど、恨みや復讐を長く抱えることを良い君子の条件であるとは思えません。日本人的感覚なのでしょうか。

  *        *       *

こちら側が恨みや復讐心を長く持つ必要はありませんけれど、相手側がそういう価値観であると意識しておく必要はあるでしょう。

  *        *       *

しかし、人間や人間集団はぶつかるもので勝ったり負けたりするものです。その度に程度の差はあれ恨みや復讐心が生まれます。それを延々と抱えていたら、周囲は敵だらけで目につく相手すべてが恨めしいことになってしまうのでは、と心配です。

  *        *       *

周囲が異民族だらけで異民族との侵略や戦争だらけの中国と、海で適度に隔てられ文物や情報や知識人・専門家は渡来できても軍隊は無理だった時代が長かった日本との歴史の違いが生んだ国民性の違いでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 原発神話 | トップページ | それだけじゃない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64056573

この記事へのトラックバック一覧です: 国民性:

« 原発神話 | トップページ | それだけじゃない »