« 難民受け入れ | トップページ | 民主社会は民衆が動かすので »

2016年9月26日 (月)

「心の中」を処罰する?

「心の中」を処罰する?

中日新聞 社説:新・共謀罪 危うい本質は同じだ
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2016092602000113.html

国家転覆を狙う内乱陰謀罪。外国と通じて武力行使を招く外患誘致陰謀罪。爆弾を仕掛けようと企てた段階で処罰できる爆発物使用共謀罪…。だが、あくまで原則は、法を犯す意思だけでは罪に問わない。それが根本である。

共謀罪は正反対である。相談し、合意した段階で成立する。これを六百以上もの犯罪を対象にするから、まるで原則と例外が逆転する現象が起きる。窃盗や詐欺なども含まれる。社会全体を投網にかけるようなものだ。

行為を罰する原則から、合意という「心の中」を処罰する。それに対する抵抗感は強かった。反権力の結社やデモなどで適用されないか-。人権侵害や市民監視の恐れはないか-。さまざまな反対論が沸き起こり、過去三回、廃案になった経緯がある。

心の中ではなく、共謀という行為を処罰するのではないでしょうか。処罰には、話し合ったりする行為が必要です。つまり、思っただけでは処罰なんてされません。また、思うな、と命令されるわけでもありません。

  *        *       *

「『心の中』を処罰する」

大袈裟な、しかも事実とは違う言葉での非難です。

  *        *       *

特定秘密保護法案が議論されていた時の左側の言葉は、どんなだったでしょうか。事実だったでしょうか。民主主義の破壊だ、自由に映画が取れなくなる。などと言われました。3年たって事実はどうでしょうか。

  *        *       *

こういう言葉の使い方、事実ではない言葉、大袈裟に言うこと。こういうのに気がついてしまうと、その主張そのものが胡散臭く思えてしまいます。

これは右にも左にもあることなのだけれど、マスコミに左側が多いせいか左側の言説に、この種の大袈裟な言葉が多いような気がしています(それで、自分は左が嫌いになったのかも知れません)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 難民受け入れ | トップページ | 民主社会は民衆が動かすので »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64257483

この記事へのトラックバック一覧です: 「心の中」を処罰する?:

« 難民受け入れ | トップページ | 民主社会は民衆が動かすので »