« 民衆の声を司法に? | トップページ | 難民受け入れ »

2016年9月24日 (土)

だから?

だから?

しんぶん赤旗:きょうの潮流(2016年9月23日(金))
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-23/2016092301_06_0.html

▼徐さんはその後、三菱重工長崎造船所に送られ、作業中に原爆に遭います。彼は韓国・朝鮮人被爆者として最初に証言活動を始め、72歳で亡くなるまで叫び続けました。青春をかえせ、健康をかえせ、差別をなくせ―

「青春をかえせ、健康をかえせ、差別をなくせ―」

なんか、この言葉に違和感を覚えるんだよね。

「差別をなくせ―」は、まあ良いけれど、「青春をかえせ、健康をかえせ」は、その時代時代の個性というか特徴があって、その時代時代に苦しんだ人がいるだろう(不幸な人が一人もいない時代があったら教えてもらいたい)。

縄文・弥生の時代から江戸や明治、現代にいたるまで、不幸な、不運な立場になった人間のいない時代なんてない。

  *        *        *

いま、ひきこもりやニートをしている人間が、仮に違う時代の違う環境に生まれたら、例えば江戸時代の農村とかに生まれていたら、引きこもっていられなくて、ちがう人生を送っていたんじゃないだろうか。

就職氷河期に卒業し就職出来なかった人々が違う時代、例えば高度成長期に生まれていたらどうなっただろうか。

時として、災害が起きる。何十年に一度の災害もある。そんな災害にあってしまった人々、こういった人々も、ちょっと違う時代に生まれたら災害に合わなかったにちがいない。

時代時代に、特徴や個性があり幸福も不幸もある。そう思っていると、戦前戦中に青春を過ごした方が「青春をかえせ、健康をかえせ」と叫んでいるのも理解できないこともないけど、同じように叫びたい方々が時代時代にいるのだろうな、と思ってしまう。

  *        *        *

彼らは、私が生きた時代は特別だ、と思っているのだろうか。

  *        *        *

誰かが「青春をかえせ、健康をかえせ、差別をなくせ―」と叫ぶことに反対なんてしない。表現の自由というものがあるから。しかし、だから?と思ってしまうことも止められない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民衆の声を司法に? | トップページ | 難民受け入れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64247582

この記事へのトラックバック一覧です: だから?:

« 民衆の声を司法に? | トップページ | 難民受け入れ »