« 強制加入の団体での意思決定 | トップページ | 平和を愛する諸国民の公正と信義 »

2016年10月 9日 (日)

犠牲は必要と言いきれるか

犠牲は必要と言いきれるか

日本経済新聞 社説:「各論反対」でシェア経済の芽を摘むな
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO08163640X01C16A0EA1000/

そもそも民泊は、素人が簡単に始められ、客と住民が気軽にふれ合う一種の文化体験だ。既存業界の利害得失ばかりが前面に出る議論は健全ではない。政府は観光振興という原点に立ち戻って、規制緩和を進めてほしい。

「規制緩和をすれば安全が脅かされる」という議論があるが、本当にそうなのかの検証も欠かせない。「安全性」を名目に競争相手を締め出すことがあってはならない。特区制度の活用や、新たに発足したばかりの規制改革推進会議での議論に、期待したい

全知全能ではない人間の行う事にはミスや間違いが付きものだ。規制緩和にも間違いがない、危険な面がないと言い切ることなんて出来はしない。

  *        *        *

「『規制緩和をすれば安全が脅かされる』という議論があるが、本当にそうなのかの検証も欠かせない」

やってみて事故が起きたらどうするのだろうか。それは、仕方の無い犠牲として受け入れるのだろうか。

  *        *        *

生きるということは、リスクを受け入れる、と言うこと。確実・絶対なんてものはない。何故なら、生きるためには呼吸して食べなくちゃならなくて、呼吸する食べるということは、新しい何かを(自分じゃないもの、未知の世界から)取り入れるということだから。

同じものを食べているとしても、次に食べるものが今までどおりに安全とはかぎらない。

  *        *        *

経済は人間の活動であり、新しい何かをすれば、新しい利益と新しいトラブル(事件事故)が起きてくる。規制改革を行えば新しいトラブルが起きてくる。

未知の何かが起きることを恐れていては何もできない。一方、利益だけを言うことは不誠実だ。

  *        *        *

「『規制緩和をすれば安全が脅かされる』という議論があるが、本当にそうなのかの検証も欠かせない」

これは、事件事故が起きても必要な犠牲だと受け入れろと言っているのと同じだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 強制加入の団体での意思決定 | トップページ | 平和を愛する諸国民の公正と信義 »

コメント

民泊は、既に、騒音とかごみの分別とかで周辺住民が迷惑以外の何物でもないと言う認識ですよね。 規制緩和前の違法で‘細々’とやっているだけでもそうなのだから、規制緩和南下したら銃撃事件もあるかもよ。

投稿: 北極熊 | 2016年10月11日 (火) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64319103

この記事へのトラックバック一覧です: 犠牲は必要と言いきれるか:

« 強制加入の団体での意思決定 | トップページ | 平和を愛する諸国民の公正と信義 »