« 修羅場 | トップページ | 既視感 »

2016年10月23日 (日)

沖縄は「沖縄 vs 日本本土」の対立を望むのか?

沖縄は「沖縄 vs 日本本土」の対立を望むのか?

沖縄タイムス:沖縄県議会、機動隊撤退要求へ 「土人」発言に抗議 28日にも決議の公算
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/67699

東村高江の米軍ヘリパッド建設に反対する市民に対し、機動隊員が「土人」「シナ人」などと発言したことを受け、沖縄県議会与党3会派の代表者は21日、発言に抗議すると同時に高江からの機動隊撤退を求める決議案を提案する方針を確認した。最短で28日の臨時会での可決を目指す。県議会は与党多数のため、本会議に提案されれば野党、中立会派が反対した場合でも可決される公算が大きい。

事件が起きたとき、犯人をつかまえて処罰するのが基本です。その犯人が属する集団や組織に抗議したり、その集団を排除しようとしたりはしません。そんな事をしたら、その集団と対立になってしまいますし、差別的でもありますから。

「土人」発言は望ましいものではありません。であれば、その個人を処罰(今回は訓告になっています)すればよく、警察組織を攻撃したり、日本本土に人々の精神構造(≒心)を問題にしてしまってはいけません。そんな事をすれば、日本本土と沖縄の対立になってしまいます。

  *        *       *

イスラエルとドイツは仲が良いわけでもありませんが、日本と韓国のように国同士の感情的対立があるわけではありません。それはイスラエル(ユダヤ)が個人を(証拠をもって)攻撃し処罰し、ドイツという国やドイツ民族を攻撃しなかったからです。

日本と韓国の仲が悪いのは、韓国が「なんとなく日本人全体」を「あいまいな証拠で」攻撃するからです。「強制された従軍慰安婦」がいるのであれば誘拐犯もいるのですから、誘拐の証拠を固めて誘拐犯個人を処罰すればよいのですが、それをせずに、なんとなく日本人全体や日本民族や日本的なものを攻撃するから、こちらとしても反発せずにはいられないのです。

  *        *       *

抗議することが「沖縄の正義」なのかも知れませんが、その正義の行き着く先には、日本本土との対立です。政治の良否はは結果で判断されます。日本本土との対立が深刻化することを沖縄は良しとするのでしょうか。

  *        *       *

正義を貫くことを優先して現実の結果を考えない、あるいは、正義を貫けば必ず良い結果になると考えることは原理主義的であり、子供の考えです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 修羅場 | トップページ | 既視感 »

コメント

別のブログにもでていましたが
沖縄が東京直轄の地域になればいいと思いました。

投稿: にゃ | 2016年10月24日 (月) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64386334

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄は「沖縄 vs 日本本土」の対立を望むのか?:

« 修羅場 | トップページ | 既視感 »