« シンプルに民進党の共産化と考えて良いのかな? | トップページ | 価値観外交の終焉? »

2016年11月 9日 (水)

なんで18歳で成人とするのだっけ?

なんで18歳で成人とするのだっけ?

読売新聞:18歳成人「支障ある」9割…民法改正公募意見
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161108-OYT1T50045.html?from=ytop_main5

法務省は8日午前、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる民法改正に関して実施した意見公募(パブリックコメント)の結果を発表した。

改正が実現すれば、18、19歳でも親の同意なしにローンやクレジットカードなどの契約ができるようになるため、悪質商法による消費者被害の低年齢化を指摘する意見が多く、「(法施行に)支障がある」が9割を占めた。

なんで18歳で成人とするのだっけ?

確か、憲法改正のための国民投票について決めるときに、突然ドタバタと18歳選挙権について決まったんだよね。言い出したのは野党の側だと記憶しているけど、民主党(当時)だったかな?

ドタバタと18歳選挙権を決めたツケが、今、来ている。

  *        *       *

当時決めた人々や政党は、この問題について、どう考えているのだろうか。責任はある筈と思うのだけれど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« シンプルに民進党の共産化と考えて良いのかな? | トップページ | 価値観外交の終焉? »

コメント

18歳選挙権は、少子高齢化に加え若者の投票率も悪いことから、「シルバー民主主義になっている」という危機感から、若者の政治参加をより促そうという趣旨だったような。 
成人とするかどうかは、先送りされてたけど又再燃しているのでしょうか? 少年法に守られてしまう凶悪犯罪なども議論の背景となる事象でしょうね。 

投稿: 北極熊 | 2016年11月 9日 (水) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64464328

この記事へのトラックバック一覧です: なんで18歳で成人とするのだっけ?:

« シンプルに民進党の共産化と考えて良いのかな? | トップページ | 価値観外交の終焉? »