« 死傷者ゼロ | トップページ | シンプルに民進党の共産化と考えて良いのかな? »

2016年11月 8日 (火)

自分が無知であることは認めるが

自分が無知であることは認めるが

ニューズウィーク:エリートは無知な大衆に立ち向かえ
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/07/post-5453_3.php
エリートは無知な大衆に立ち向かえ

偽りと恐怖による扇動で新基準を打ち立てたドナルド・トランプは、移民や貿易など思いつくものは何でも攻撃する。共和党にはもともと、科学的な事実や経済的な現実を否定する人間が多いが、とうとう無知な人々に心地よい現実を捏造するような男に身を委ねようとしている。

そう、「無知」だ。多くの無知な人々がだまされている今、指導者の役割は人々の目を覚まさせることだ。それは「エリート主義」だという反論もあるだろう。そうかもしれない。あるいは、我々は自分の考えや信念を過度に尊重するようになった結果、論理や専門知識、歴史の教訓もエリート主義と考えるようになったのかもしれない。もしそうなら、現実主義の政党が覚悟を持って、現実を否定する政党やその黒幕たちと戦わなければならない。それが次に待ち受ける政治の再編だとすれば、我々は喜んで受け入れよう。

エリートが大衆から信頼を得ているのであれば、トランプ氏のような候補がここまで残ることは無かったでしょう。

  *        *        *

私は技術者で専門家です。素人と一緒に仕事をすることもあります。彼ら彼女らは、理解力はありますが知識も経験もありません。そもそも理解しようとする努力をしない。いえ、彼ら自身の専門領域については努力をしているかも知れませんが、それ以外については理解しようとすらしない。

でも、いっしょに仕事して成果を出さねばならない。

そのためには何が必要なのでしょうか。お互いに対する理解と信頼です。

  *        *        *

「エリートは無知な大衆に立ち向かえ」、ですか。

いえ、その前に(その為には)、エリートが大衆から信頼されていないのは何故かを考えるべきです。知識や経験に差のある人間と一緒に仕事して(一緒に何かを行って)良い結果を出そうとするなら信頼が必要ですから。

「信なくば立たず」です。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 死傷者ゼロ | トップページ | シンプルに民進党の共産化と考えて良いのかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64459831

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が無知であることは認めるが:

« 死傷者ゼロ | トップページ | シンプルに民進党の共産化と考えて良いのかな? »