« 維新の身を切る改革に疑問を感じる | トップページ | 多民族・多文化は暴力事件を招きやすい »

2016年12月25日 (日)

安全優先なら

安全優先なら

信濃毎日新聞 社説:米訓練場返還 強いられる犠牲大きく
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20161224/KT161222ETI090009000.php

普天間の辺野古移設を巡る訴訟では、最高裁が弁論を開かなかった。沖縄の声に耳を傾けることなく、政府の移設方針を黙認するかのような印象を残した。

翁長雄志知事は政府の式典には出席せず、オスプレイ事故に抗議する集会に参加した。

安倍首相は沖縄県民に寄り添うと言いながら、誠意ある向き合い方をしてこなかった。知事の判断は理解できる。政府は沖縄に対する上から目線の対応を改めるべきだ。県民の安全を第一に考えなくてはならない。

なんか最後の一言で台無しになっちゃった。だって安全第一なら普天間基地は少しでも早く無くすべきで、その方法が純粋な返却か移転かなんてことは、ささいな事にすぎない。

とにかく住宅の隣に飛行場がある状態を(飛行場のすぐ隣に住宅がある状態を)解消することなんじゃないか。その前には政治的な主義主張や将来展望は脇によけておくべきなんじゃないか。

それを、純粋な返却でなければならない、移転では認めないなどという百点満点でなきゃ全部NGなどと言っているのは安全第一の考え方ではない。

  *        *        *

「県民の安全を第一に考えなくてはならない。」

この一言で、社説に対する印象が「うそっぱち」になりました。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 維新の身を切る改革に疑問を感じる | トップページ | 多民族・多文化は暴力事件を招きやすい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64672247

この記事へのトラックバック一覧です: 安全優先なら:

« 維新の身を切る改革に疑問を感じる | トップページ | 多民族・多文化は暴力事件を招きやすい »