« ドイツの右傾化 | トップページ | 村社会に逆戻り »

2016年12月10日 (土)

余計なお世話ですが

余計なお世話ですが

毎日まんがニュース;韓国大統領の末路の巻
http://mainichi.jp/sumamachi/news.html?cid=20161120mul00m03000600sc
*)引用元はマンガですので文章のコピペはありません。

韓国の大統領って末路が暗い場合が多いんですよね。日本のように首相を降りた後に「そろそろ引退しろよ」と言いたくなるのもどうかと思いますけど。

  *      *      *

ほとんど全員の大統領が引退後に(あるいは任期後半に)不祥事などで悲惨な結果になっている。これは、国民性と制度の相性が良くないのではないでしょうか。

大統領の任期を短く(1~2年?)するとか、連続でなければ再選を許すとか、大統領制ではなく議院内閣制にするとか...

  *      *      *

もしかしたら、韓国の人々にとっては、大統領の末路が悲惨であるのが当たり前で望ましいことなんでしょうか?

  *      *      *

もっととも、他国の制度制度に口出しするのは余計なお世話ですが...日本としては、何度も起きていることなので、「韓国の大統領は悲惨な末路を迎える」という前提で(予測して)お付き合いすることが必要です(前任者が約束したことを後任者が守るでしょうか。慰安婦問題についての合意はどうなるでしょうか)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ドイツの右傾化 | トップページ | 村社会に逆戻り »

コメント

民主主義の下で選挙により「大統領」という共和制国家の元首を選んでいるという感覚ではなくて、選挙で選ぶものの、それは大統領という名の朝鮮王なのであって、交代するのは前の朝鮮王(大統領)が、悪いやつだったからという中国の易姓革命を真似た文化が根強いのでしょうね。 

投稿: 北極熊 | 2016年12月12日 (月) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64605247

この記事へのトラックバック一覧です: 余計なお世話ですが:

« ドイツの右傾化 | トップページ | 村社会に逆戻り »