« 共謀罪と思想の自由 | トップページ | 隣国とはぎくしゃくするもの »

2017年1月14日 (土)

共謀罪「話し合っただけで罰せられる」のは異常か

共謀罪「話し合っただけで罰せられる」のは異常か

しんぶん赤旗:きょうの潮流 2017年1月13日(金)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-13/2017011301_06_0.html

いままた安倍首相は治安維持法の現代版といわれる共謀罪を国会に出そうとたくらんでいます。姑息(こそく)にも名前を変え、成立なしに東京五輪は開けないと脅しながら。「犯行」を話し合っただけで罰せられる中身は変わらず、矛先は生活や平和を守る市民の運動まで

「小女子事件」をご存知だろうか。2ちゃんねるに殺害予告をしたたとして逮捕され有罪になったと記憶している。同じようにネットに「○○を殺す」などと書き込んだだけで逮捕され有罪になったケースはある。

犯罪の実行ではなくて、実行について話しただけで、場合によっては威力業務妨害や脅迫罪になる場合もあるのだ 。

  *        *      *

法律は人間の作るもので、人間を縛るものだ。だから、対象とされる人間の常識や感覚とずれていてはならない。いや、完全に一致することはないだろうけれど、ズレが大きなものであったら、法律は機能することが出来ない。

  *        *      *

では、この「『犯行』を話し合っただけで罰せられる」のが異常かどうか、私達の常識や感覚に比べてどうだろうか。「小女子事件」や同様の事件、ネットにふざけて書いただけで有罪なっている現実と「○○を殺そう」と相談することを犯罪と定義することの差はどれほどだろうか。

どちらも、当人にとっては、犯罪実行前であることでは同じだ。私にはさほどの違いがあるとは思えない。

  *        *      *

ネットにおかしな事を書き込んだら、それだけで逮捕される。その事を私達は常識としつつある。そう考えると、共謀罪、つまり「『犯行』を話し合っただけで罰せられる」ことが私達の常識的な感覚から大きくズレているとは思えないのだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 共謀罪と思想の自由 | トップページ | 隣国とはぎくしゃくするもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64760509

この記事へのトラックバック一覧です: 共謀罪「話し合っただけで罰せられる」のは異常か:

« 共謀罪と思想の自由 | トップページ | 隣国とはぎくしゃくするもの »