« 職員を守る義務 | トップページ | 主張がどうであれ »

2017年1月20日 (金)

良くなっている

良くなっている

朝日新聞 社説:駅の転落事故 欄干を社会でつくろう (2017年1月20日(金)付)
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

目の不自由な人たちが「欄干(らんかん)のない橋」と恐れる駅のホームで、また悲劇が起きた。埼玉県のJR蕨(わらび)駅で14日朝、盲導犬を連れた男性が転落し、電車にはねられて亡くなった。

社会に対して批判的な意見が多いけれど、と言うか批判的な意見の方がマスコミなどに取り上げられやすいからか目にする機会が多い。だから、ダメになっている、ダメになるという気分になってしまいがちだ。

だが、ちょっと待ってほしい。若い人には無理かもしれないが、中高年や年寄りは20年前、30年前を思い出して欲しい。

そのころにホームドアはあっただろうか。現在だって普及率は低いけれど、しかし、私が東京に出てきた当時には普及率ゼロ、存在すらしなかった。また、いまではよく見かける車椅子用のスロープを見ることもなかった。

そういった事を考えると、現在は私が東京に出てきた当時に比べると良くなっていると言える。

  *        *       *

批判は必要であるけれど、それだけが世界じゃない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 職員を守る義務 | トップページ | 主張がどうであれ »

コメント

こんな有様では、完璧を求めすぎてしまいます。諸所の労働に対する負担もそんなところから始まっているのです。しかもそれには儲けが考慮されていないから、そんな所から労働者に対する無報酬、低報酬の負担増大が生じて来るのです。

投稿: | 2017年1月20日 (金) 08時32分

駅のホームのような危ない場所に近づかないで、自動車で異動すれば良いだけだろうな。 ホームドアは、全ての人の安全に繋がるからまだ良いが、一般人が必要としない障害者用のものを社会インフラにするコストは無駄じゃないのだろうか?? 

投稿: すずらん | 2017年1月20日 (金) 12時33分

ホームドアは一般人にも良いものです。健常者だってホームから落ちることはあるし。

負担が出来るなら設置するのは良いことです。

投稿: | 2017年1月21日 (土) 06時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64785466

この記事へのトラックバック一覧です: 良くなっている:

« 職員を守る義務 | トップページ | 主張がどうであれ »