« 共謀罪「話し合っただけで罰せられる」のは異常か | トップページ | 日本の野党と欧米のポピュリスト政党の共通点 »

2017年1月15日 (日)

隣国とはぎくしゃくするもの

隣国とはぎくしゃくするもの

福井新聞 論説:日中韓関係 信頼の修復を大胆に図れ
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/113108.html

歴史的にも地理的にも最も近いはずの日中韓関係がぎくしゃくしたまま2017年を迎えた。とりわけ日韓関係は深刻だ。釜山の日本総領事館前に従軍慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに対し、日本政府は駐韓日本大使らを一時帰国させ、経済分野の協議中断などの対抗措置を発表した。両国は2015年末に「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した政府間合意の精神に立ち返り、再び「負の連鎖」を拡大させてはならない。

「歴史的にも地理的にも最も近いはずの日中韓関係がぎくしゃくしたまま2017年を迎えた」

いや隣人同士だからこそ喧嘩する、って言うのはあることなのですよ。例えば、小学校の時、同じくラスの机を並べている、隣の人とぎくしゃくすると言うか対立してしまうのはよくある事だけれど、別のクラスの、あるいは別の学年に同じような性格の人間がいても(接点がないから)気にならないし対立もしない、なんてことはよくあること。

国と国でも同じ、隣国だからこそ対立するってこともある。

  *        *        *

また、中国と韓国は明らかに隣国同士と言えるけれども、日本と中国、日本と韓国は隣国同士であるかは微妙だ。歴史的に交流があるのは事実だけれど、日本と両国の間には海があり、明治時代になるまで(産業革命が日本におよぶまで)、交流できるのは特殊な人間(遣唐使のようなエリートか海賊など)だけだった。

  *        *        *

日本と中国や韓国が友好的(戦争をあまりしていない)ように見えるのは、日本と中国や韓国が隣国同士と言うには遠かったことを示しているのではないか。

  *        *        *

明治以降、日本と中国や韓国の交流は(それ以前の時代に比べて)激増した。そして明治以降の日本と中国や韓国は、戦争と対立の歴史を歩んできた。

  *        *        *

「歴史的にも地理的にも最も近いはずの日中韓」などという言葉の裏には、友好的でなければという思い込みがある。隣人・隣国と仲が良いのは望ましいことではあるけれども、隣人・隣国であれば友好的というのは思い込みに過ぎない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 共謀罪「話し合っただけで罰せられる」のは異常か | トップページ | 日本の野党と欧米のポピュリスト政党の共通点 »

コメント

そもそも、隣の国というのは、仲良く出来ない人々がそこにいるから、国境があって「隣の国」なんだから、仲良くしなければいけないという意見に無理がある、、、。 

投稿: ふきのとう | 2017年1月16日 (月) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64764703

この記事へのトラックバック一覧です: 隣国とはぎくしゃくするもの:

« 共謀罪「話し合っただけで罰せられる」のは異常か | トップページ | 日本の野党と欧米のポピュリスト政党の共通点 »