« 民進党のことですか? | トップページ | 学校や教師の当たり外れ »

2017年2月16日 (木)

社説からのイメージ

社説からのイメージ

中日新聞 社説:金正男氏殺害 恐怖政治に潜む深い闇
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2017021602000113.html

父子三代が権力を継承し「金王朝」とも呼ばれる北朝鮮。後継者相続に敗れた先代指導者の長男が、不慮の死を遂げた。直系家族まで生命を狙われるのか。恐怖政治の闇はどこまでも深い。



北朝鮮は核、ミサイル開発だけでなく、党や政府、軍幹部に対する粛清、処刑など恐怖政治を敷いている。今回の事件への関与が明らかになれば、正男氏を保護していたとされる中国は、金正恩体制への不信感をさらに強めるだろう。トランプ米政権は対話より制裁重視に傾くのではないか。

産経新聞 主張:金正男氏暗殺 恐怖政治の限界に備えよ
http://www.sankei.com/column/news/170216/clm1702160002-n1.html
金正男氏暗殺 恐怖政治の限界に備えよ

確かなのは、著しく常軌を逸した体制とその指導者が日本のすぐ近くに存在し、核・ミサイルをもてあそんでいることである。

恐怖政治による体制維持はこれ以上、可能なのか。国際社会は重大な警戒心を持ち、さらなる暴走や崩壊に備える必要がある。

中日新聞の社説「金正男氏殺害 恐怖政治に潜む深い闇」からは、他人事というかテレビの向こう側の事件について話しているような印象を受けます。自分には害をなさないものを眺めて、どうこう言っているイメージです。

対して産経新聞の主張「金正男氏暗殺 恐怖政治の限界に備えよ」からは、何か起きたらどうしよう、という不安や備えなければという用心を感じます。

  *        *       *

どちらが良いかは判りません。不用心で良いとも思いませんし、不安を煽っても仕方がありませんから。しかし、北朝鮮へのスタンスが垣間見えるようです。

  *        *       *

自分としては政治家や政府には、産経新聞的な態度でいてもらいたいし、選挙ではそのような候補を選びます。用心している方が安心できますからね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民進党のことですか? | トップページ | 学校や教師の当たり外れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64899454

この記事へのトラックバック一覧です: 社説からのイメージ:

« 民進党のことですか? | トップページ | 学校や教師の当たり外れ »