« 偏見解消は両側から | トップページ | なんで日本が? »

2017年2月 7日 (火)

マスコミは「民意」と言うけれど

マスコミは「民意」と言うけれど

中日新聞 社説:辺野古海上工事 民意は置き去りなのか
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2017020702000111.html

菅義偉官房長官は会見で「わが国は法治国家だ。最高裁判決や和解の趣旨に従い、国と県が協力して誠実に対応し、埋め立て工事を進める」と工事を正当化した。

確定判決に従うのは当然だが、日本は民主主義国家でもある。

安倍内閣は自由、民主主義、人権、法の支配という基本的価値を重んじると言いながら、翁長雄志県知事や稲嶺進名護市長に託された「県内移設」反対の民意をなぜないがしろにできるのか。

「民意」とあるけれど、自分には安易に「民意」と言っているように思えてしまう。なぜなら、中日新聞の社説が言う「民意」を置き去りにしている安倍政権の支持率は高い、すなわち安倍政権も民意の支持を得ているということだ。反対しているのも「民意」であり、工事を進めているのも「民意」なのだ。

たくさんの民意があるときに、自分に都合の良いものだけを民意と言っても説得力を持たない。

  *        *        *

引用した社説は、子供がオモチャを欲しがるとき「みんな持っている」と言うようなものではないか。あるいは「みんなが言っている」と言われたとき「みんなって誰よ」ってツッコミたくなるようなものではないか。

  *        *        *

政治運動をするときには、広報活動では、厳密な事実にこだわる必要はないのかもしれない。しかし、事実認識が適当であれば「嘘ニュース」や「大本営発表」と変わりがない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 偏見解消は両側から | トップページ | なんで日本が? »

コメント

沖縄の基地問題は、国防に関する事が国の専権事項な訳だから、民意というのは全国の民意でなければならぬ。 辺野古移設が唯一の解決という事に対して、全国の民意が揺らいだのは、鳩山総理を作ってしまったときだけ。 あとは一貫していて、どうでもいい沖縄ローカルの民意とやらと対立しているね。 

投稿: 北極熊 | 2017年2月 7日 (火) 14時02分

マスコミは小池百合子を将来の首相候補にしたいようだ。不必要な百合子アゲが多すぎる。

投稿: カナリア | 2017年2月 7日 (火) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64861752

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミは「民意」と言うけれど:

« 偏見解消は両側から | トップページ | なんで日本が? »