« 絶対の安全はない | トップページ | 知的障害者支援 »

2017年3月 2日 (木)

非対称な自由

非対称な自由

朝日新聞:「保護なめんな」着たまま受給者訪問41人 小田原市
http://www.asahi.com/articles/ASK2X3V9NK2XULOB024.html

小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな」などとプリントしたジャンパーを着ていた問題で、保護行政を見直す第1回検討会が28日、同市役所で開かれた。生活保護受給者宅に、ジャンパー類を着たまま訪問した職員が10年間で41人いたことが判明した。有識者と担当部課長が検証し、改善策を議論する。

もらった生活保護費は自由に使えて(ギャンブルにも)、生活保護を担当する行政の人間には服装(表現)の自由が許されないのは、何故なのだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 絶対の安全はない | トップページ | 知的障害者支援 »

コメント

「保護なめんな」というジャンパーが問題だと言うが、生活保護の不正受給の方がはるかに大問題であり、そういう不正受給に対峙する職員に対して、「ジャンパーは問題だー」という人たちが余程問題ではなかろうか? 

投稿: 北極熊 | 2017年3月 2日 (木) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64959689

この記事へのトラックバック一覧です: 非対称な自由:

« 絶対の安全はない | トップページ | 知的障害者支援 »