« 自民党の構造的な優勢 | トップページ | 政党としての勝利はなくても »

2017年3月15日 (水)

治安悪化が理由と信ずるなら

治安悪化が理由と信ずるなら

中日新聞 社説:南スーダン撤収 治安悪化を語らぬ詭弁
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2017031402000102.html

撤収判断自体は妥当だが、現地の治安悪化を考えれば、なぜもっと早く決断できなかったのか。政府は自衛隊の施設整備に一定の区切りがついたことを理由としているが、詭弁(きべん)にしか聞こえない。

政府が十日、アフリカ南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊の部隊を五月末をめどに撤収させることを決めた。派遣から五年以上が経過し、道路補修や避難民向けの設備整備などに「一定の区切りをつけられると判断した」(安倍晋三首相)と説明し、治安の悪化が理由ではないと否定している。

中日新聞の社説は、PKOの撤収の理由を治安の悪化にあるとしています。そして、それを認めない政府を非難しています。

そして、報道にあるように、PKOの撤収は5月末です。

読売新聞 社説:陸自PKO撤収 任務「区切り」の判断は妥当だ
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20170312-OYT1T50108.html?from=ytop_ylist

政府が、南スーダンにおける陸上自衛隊の国連平和維持活動(PKO)を終了させることを決めた。5月末をめどに部隊を撤収させる。

本当に治安の悪化が理由であるなら、2ヶ月も3カ月も先の5月末までなんて悠長なことを言っていないで、直ちに撤収すべきです。しかし、中日新聞の社説では、そのようなことは主張してはいません。

  *        *     *

自分は現場の人間です。PKOに参加できるような体力も技能もありませんが、仮に参加するなら、後方の官僚や政治家やマスコミ人ではなく、現場にいる人間でしょう。そういう現場の人間からすると、危険だと思っていながら、2ヶ月も3カ月もいさせる感覚が信じられません。現場の人間の安全を何だと考えているのでしょうか。

  *        *     *

中日新聞は、治安は悪化していないと思っているか、政治に集中しすぎて現場の人間の安全を忘れているのでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 自民党の構造的な優勢 | トップページ | 政党としての勝利はなくても »

コメント

もともと、治安が悪いから、民間の土建屋じゃなく自衛隊が言ってるんだろう。道路工事終ったから帰ってくる。もともと、治安が悪いところだから新たな仕事にかこつけて引き続き居続ける必要は無いというだけ。「戦闘」と言う言葉が話題になっていたけれど、法律用語としての「戦闘」と一般に使われる言葉の「戦闘」を混同して問題だーと言っていたほうが馬鹿という風に、国民には理解されただろう。 

投稿: 北極熊 | 2017年3月15日 (水) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65016804

この記事へのトラックバック一覧です: 治安悪化が理由と信ずるなら:

« 自民党の構造的な優勢 | トップページ | 政党としての勝利はなくても »