« ご無事なご帰還を | トップページ | 事実は大切だけど、問題は »

2017年3月11日 (土)

民主国家では、デモで政治が動くことがあってはなりません

民主国家では、デモで政治が動くことがあってはなりません

朝日新聞:元SEALDs「韓国では国民が政治を動かした」
http://www.asahi.com/articles/ASK3B6D3YK3BUTIL04L.html

韓国の憲法裁判所が10日、朴槿恵(パククネ)大統領(65)の罷免(ひめん)を宣告した。安全保障関連法への抗議活動を続けてきた学生団体「SEALDs(シールズ)」の元メンバーで、韓国で大統領辞任を求める集会にも参加した玉川大4年の矢部真太さん(24)は、衝撃を受けた。

午前11時過ぎ。矢部さんは都内の自宅でテレビの速報を見て罷免を知った。「韓国では国民が政治を動かした」。そう思うと、鳥肌が立った。

韓国で朴氏への批判が高まっていた昨年11月、矢部さんはソウル中心部で約150万人(主催者発表)が集まった抗議集会に参加した。老若男女が集う会場を歩き回って感じたのは、憧れと悔しさ。「こんなに人が集まるなんて。隣の国なのに、なんでこんなに差があるんだろう」

デモとは「示威行為」、示威、自分たちの実力を見せることだ。一歩間違うと脅迫・脅しになってしまいかねない。

民主国家にとって、政治が暴力で動くことがあってはならないことには、多くの人間が賛成するだろう。そして、デモは示威行為であり暴力を内包している。デモで人々に訴えかけ、人々の投票行動で政治が動くのであれば良いが、デモが直接的に政治を動かしてしまうと暴力を容認したことになりかねない。さらに言えば、デモできる人々が特権階級になってしまいかねない(デモ出来る余裕のある人々の要求を優先≒貧乏人を切り捨て、政治中枢に物理的に近い距離にいる人々の意見を採用≒地方の意見の軽視)。

  *        *       *

民主主義とは、言葉で戦い、数の暴力で決着をつけること、直接的な暴力を封印することでもある。

  *        *       *

でも、「鳥肌が立った」っていう感覚はなんとなくわかる。人間集団が動き、目的を達成する。これは根本的な情動を刺激する。例えて言うなら、祭りの興奮、スポーツでの試合での勝利、軍隊の行進や戦争での勝利に似ている。

これもまた人間の本能だろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ご無事なご帰還を | トップページ | 事実は大切だけど、問題は »

コメント

多分矢部真太は在日韓国・朝鮮人でしょう。
次の大統領はパククネ以上の反日で、親北派なので
韓国が北朝鮮に飲み込まれるのは、時間の問題でしょう。

投稿: にゃ | 2017年3月11日 (土) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/64998237

この記事へのトラックバック一覧です: 民主国家では、デモで政治が動くことがあってはなりません:

« ご無事なご帰還を | トップページ | 事実は大切だけど、問題は »