« 北朝鮮が国際法を守る? | トップページ | いくらかかった? »

2017年3月31日 (金)

自分が殴らないならOKなの?

自分が殴らないならOKなの?

朝日新聞 社説:敵基地攻撃力 専守防衛が空洞化する 2017年3月31日(金)付
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

北朝鮮の核・ミサイル開発に対処は必要だが、敵基地攻撃能力を持っても問題の解決にはつながらない。一方で、憲法にもとづく専守防衛の原則を空洞化させる恐れがある。

敵基地攻撃について、政府はこれまで法理論上は憲法に反しないと説明してきた。

1956年に鳩山一郎内閣は、わが国に対し「攻撃が行われた場合、座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨とは考えられない」とし、攻撃を防ぐのに「他に手段がない」場合に限り、ミサイル基地をたたくことは「法理的には自衛の範囲」との見解を示した。歴代内閣も踏襲してきた。

だが、この見解はあくまで法理を説明したものであり、現実に目を向ければ問題が多い。

まず「他に手段がない」とは言えない。日米安保条約に基づき、米軍が日本防衛の義務を負っているからだ。

日本の安全保障は、米軍が攻撃を担う「矛」、自衛隊が憲法や専守防衛の下、守りに徹する「盾」の役割を担ってきた。この分担を壊し、日本が敵基地攻撃をすれば、自衛隊が戦争を拡大することになりかねない。

難しい法律論は良く判らないけれど、日本が殴るのはNGで、アメリカが殴るのはOKなのか?

「殴る」という行為やその結果は(上手下手はあるだろうけれど)同じだ。

これはゴマカシにすぎない。

    *        *        *

敵基地攻撃能力を日本が直接的に持つのは憲法違反で、日米安保に基づきアメリカ経由で持つのは大丈夫という理屈は良く判らない。自分の手を汚したくないという気持ちは理解できなくもないけれど。

    *        *        *

理論・理屈と現実が乖離することは良くあることだけれど、乖離しすぎると大本の法律そのもの権威と実効性が無くなってしまう。そろそろ憲法を改正しないと憲法の重みがなくなってしまう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 北朝鮮が国際法を守る? | トップページ | いくらかかった? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65088067

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が殴らないならOKなの?:

« 北朝鮮が国際法を守る? | トップページ | いくらかかった? »