« フェイクニュースと取材源の秘匿 | トップページ | 自己決定権 »

2017年4月25日 (火)

一票の格差と地方切り捨て

一票の格差と地方切り捨て

新潟日報 社説:衆院区割り勧告 地方捨てない抜本改革を
http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/editorial/20170424320095.html

今回も衆院の区割り改定案で地方の定数が削減されそうだ。1票の格差是正と地方の声を国政に反映させる。その両立が必要だ。地方切り捨てにならない抜本改革を求めたい。



小選挙区で定数を1ずつ減らされるのは青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で、いずれも人口減が進む地方ばかりだ。



今回の改定案には本県は含まれていない。とはいえ地方の人口減、首都圏への集中は止まらない。全体の定数を増やさず格差是正をする限り、本県を含む地方の定数減は避けられない。

民主主義とは、直接的な暴力を数の暴力に置き換えたものだ。物理的に戦う代わりに言葉で戦い、数を獲得したほうが勝利する。

都市部に多くの人間がいて、地方には少ない数の人間しかいない。この状況で一票の格差を是正したら都市部の議席が増えて地方の議席が減る。地方の声が国会に届かなくなる。

地方切り捨てだ。

  *       *       *

「1票の格差是正と地方の声を国政に反映させる。その両立が必要だ」

本質的に無理な願いだ。

一票の格差是正と地方切り捨ては、どんなに制度をいじったところで変えられない。目立たなくすることや誤魔化すことはできる(例えば、全国を一つの選挙区にしてしまうとか)が、なくすことは出来ない。

それは、数の暴力という民主主義の本質なのだから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« フェイクニュースと取材源の秘匿 | トップページ | 自己決定権 »

コメント

僕は、最高裁の判断が「有権者数に比例した議席」だけを基準にしているのは、間違っていると思う。逆に、衆議院と参議院の違いがはっきりしないとか言うけれど、例えば、参議院は、各都道府県の代表と位置づけて、夫々5人、47都道府県だから、235人の定数としても良いじゃないか、1人の投票の重みがどうのこうの言いたいなら、田舎に引っ越して選挙権を行使すれば良いではないか。 

投稿: 北極熊 | 2017年4月25日 (火) 17時01分

選挙制度のこと良く分からないけど、今でさえ一極集中が問題にされているのに、是正という名の措置を取ったら、より都市部偏重になるのではないか。複数の民族を抱える国だと一定数の議席が確保されている場合があるのだけどな。平等性を切り詰めるならば弱者切り捨てになる。厳しい状態に置かれている人を更に苦しめるのか。左翼は「数の暴力」を容認するのか。てっきりマイノリティ保護が第一目的だと思っていたのだけどな。

投稿: 中卒引きこもり | 2017年5月25日 (木) 16時30分

「左翼」とは言え「重視」している部分が各々で違うのは承知している。だけど、そもそも論として都市部は何から何まで地方より「有利」である。本当に突き詰めるならそれこそ弱肉強食の世界になるけど「左翼」はそれでも良いのか。

ところで投資の世界だと「リスク分散」が当たり前だけど何故に日本はこんなにも一極集中しているのだろうか。一極集中と言えば発展途上国の十八番だと言うのに。何ら多様的ではないような・・・。いや以前から何十年も前から日本は一様的な国だと言われていたか。

在来種保護するのは当然だろうに、強いものがより強くでは弱者は無惨にも殺されていくだけ。

投稿: 中卒引きこもり | 2017年5月25日 (木) 16時41分

女性起用政策も要は弱者保護(語弊がある)を観点としたものだろう。障碍者の雇用も弱者保護を観点としたものだろう。その保護政策が多数を凌駕するようなことになり多数が重い負担に感じるならば問題だけども現状はどうなのか。何ら伸長するようなことにはなってはいない。これは「地方」にしてみても同じことだ。ただでさえ弱いのに何故に更に痛み付けるのか理解が出来ない。先進国の人間ではなく途上国的な意識を持った人間だろうか。

投稿: 中卒引きこもり | 2017年5月25日 (木) 16時46分

「田舎に引っ越して選挙権を行使すれば良いではないか。」こういう意見ちょくちょく聞くけど暴論だと思う。尤も多数側に属しているのならば余裕があるだろうから不可能ではないと思うけど。左翼の言う「ペンは剣よりも強し」にも通じる。これ一見正論のように聞こえるけど弱者の場合で最悪な場合はネットすら使用できないから権利行使が対称的ではなく非対称的なのだよな。そもそも学も能力も低いから伝える能力すら無い、という。こういう非対称の下位に置かれた人間に「ペンは剣よりも強し」と言って悦に入るのは暴力以外の何物でもない。

投稿: 中卒引きこもり | 2017年5月25日 (木) 17時04分

「選択は自由」ブログ主はこう言うが学がない人的資本も少ない人間が都会に飛び出して良いことあるのか。移民の犯罪率にも通じるが言葉も通じない移民が日本に来て派遣で働くのは「安定的」と言えるのか否か。何事にもリスクはある。挑戦しなければ得られないかもしれないが結果の在来人よりも高い移民の犯罪率である。そういう前提を考えなければ「ペンは剣よりも強し」と馬鹿の一つ覚え見たく繰り返すだけである。

投稿: 中卒引きこもり | 2017年5月25日 (木) 17時08分

自分にしても言葉は発せられど書き込むことは出来れど伝える能力や読ませる能力が無いから「影響力」というのは他者と比べたら圧倒的に低い。能力主義の立場を取るなら「問題ない」と言えるけど果たして本当にそうだろうか。別に自分は頂点に立つ人間と肩を並べたいと思っているわけでも同程度の名誉と金銭を要求しているわけではない。頂点に立つ者には頂点に立つ者の血と涙の努力が背景にある場合が多々あるからだ。それに見合っただけの活躍(貢献)もしているしな。では対岸に位置する者はどうかと言えばハッキリ言えば「役立たず」だ。ではゴミを処分するように処分するべきかと言えば違うだろう。こと人権意識の低い日本では物のように人間を捉えがちだが・・・・・。

投稿: 中卒引きこもり | 2017年5月25日 (木) 17時14分

>自分にしても言葉は発せられど書き込むことは
>出来れど伝える能力や読ませる能力が無いから
>「影響力」というのは他者と比べたら圧倒的に低い。
>能力主義の立場を取るなら「問題ない」と
>言えるけど果たして本当にそうだろうか。

責任放棄で他力本願的で悪いけど
そういう場合は学があり金にも余裕ある人が
意見を掬い上げる努力というか
察する努力をすべきだと思う。
先にも言ったが女性起用政策や
障碍者雇用と同じこと。
別に同等にする必要は無い。
それだと「共産主義」だから。
だけど行き過ぎたアメリカ型資本主義もNOだ。
貧者同士の殺し合いが多いが
富裕層が狙われる事例も多々あるから。
「他人の出来事」という風に考えれば
痛くも痒くもないが自分にも
降りかかってくる可能性のある問題。

投稿: 中卒引きこもり | 2017年5月25日 (木) 17時28分

(コメントしようとしたら禁止という表示が英語で出たのでWEB Proxyから。これで終わりにします。)話が少し逸れるが、とは言え自分は代替不可能性と結果責任という観点から死刑には賛成である。辛くとも赤の他人に当たり一生を奪う権利など無いから。その人が加害者に何かをしたならまだしも何もしてないなら、これほど不条理なこともない。尤も加害者側の事情は同情するべきだ。「世間にはそれでも頑張っている人がいる」よく聞く意見だけど突き放した発言以外の何物でもない。別に加害者に物質的に何か与えるというのは必要ではない。それこそ境遇を考慮した減刑とか。何の罪もない故人への冒涜でもあると思う。大事なのは精神的な同情と殺人犯以外への物質的精神的ケアである。行き過ぎれば「犯罪をしたのに優遇されるのはフェアではない」として非難されるが現状、日本は予算を削りすぎ。あれでは「再犯をしろ」と言っているようなもの。

投稿: 中卒引きこもり | 2017年5月25日 (木) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65194450

この記事へのトラックバック一覧です: 一票の格差と地方切り捨て:

« フェイクニュースと取材源の秘匿 | トップページ | 自己決定権 »