« 自己決定権 | トップページ | 「懲罰投票」で懲罰されたのは誰か »

2017年4月26日 (水)

違憲ですが何か?

違憲ですが何か?

しんぶん赤旗:米空母との共同訓練は違憲 宮本徹氏 対北、外交努力こそ 衆院決算監視委
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-25/2017042501_04_1.html?_tptb=032

日本共産党の宮本徹議員は24日の衆院決算行政監視委員会で、米トランプ政権が北朝鮮への軍事攻撃をちらつかせるもとで、海上自衛隊の護衛艦と米原子力空母カール・ビンソンが23日から西太平洋を北上しながら共同巡航訓練をしていることについて、「武力による威嚇」を禁じた憲法の平和原則に反すると批判しました。



宮本氏は、憲法9条が武力の行使とともに威嚇も放棄していることを指摘し、「米軍との共同訓練は自衛隊も一緒になって北朝鮮に軍事的圧力をかけていることに他ならない」と強調。訓練内容が国民にも国会にも明らかにされないことについて、「シビリアンコントロール(文民統制)から照らしても極めて問題だ」と述べ、米軍による先制攻撃の危険を厳しく批判するとともに、外交努力による解決を求めました。

共産党は、そもそも自衛隊の存在自体をどう考えているのだろうか。そもそも自衛隊が違憲ではないと解釈出来るのであれば、自衛隊が共同訓練することぐらいたいした問題ではないだろう。

  *        *      *

「憲法9条が武力の行使とともに威嚇も放棄していることを指摘し、『米軍との共同訓練は自衛隊も一緒になって北朝鮮に軍事的圧力をかけていることに他ならない』と強調。」

確かに北朝鮮に対する軍事的圧力の一部であり「威嚇」と判断されてもしかたないだろう。それを「違憲」だと言うことも出来る。

しかし、自衛隊と憲法九条の共存の前には、「何か問題が?」と言いたくなってしまう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 自己決定権 | トップページ | 「懲罰投票」で懲罰されたのは誰か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65198561

この記事へのトラックバック一覧です: 違憲ですが何か?:

« 自己決定権 | トップページ | 「懲罰投票」で懲罰されたのは誰か »