« 心配する対象が | トップページ | 民進党はここまで堕ちたのか? »

2017年5月18日 (木)

で、死傷者数は?

で、死傷者数は?

毎日新聞 社説:「核のごみ」最終処分場選び 信頼得る地道な努力を
http://mainichi.jp/articles/20170517/ddm/005/070/044000c

政府や事業主体が信頼を得るための努力も欠かせない。そもそも、福島の原発事故で「安全神話」は崩れ、原発政策への不信感は強い。核のごみを地下深くの岩盤に閉じ込めて隔離する地層処分そのものについても納得していない人はいる。

安全神話があったことは事実で、それが崩れたことも事実です。でも危険神話~大規模な原発事故があったら多数の死傷者がでる、人の住めない広大な土地になる~というものもありました。それは事実ではありませんでした。福島原発事故では漏洩した放射能では死傷者は一人もでていませんし、今後、死傷者が出るとしても、それは福島原発の敷地内での事故でしょう。

  *        *        *

危険神話は事実ではありませんでした。最終処分場の危険も過大に思われていないでしょうか。

  *        *        *

騒ぐことで利益を得ている、あるいは騒ぐことが目的になっている人々がいるように思えてならない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 心配する対象が | トップページ | 民進党はここまで堕ちたのか? »

コメント

安全神話(=未来永劫、放射線がもれるような事故は起こらない)は、本当にあったのだろうか? 
だれも、100%の安全は確証していなかったのではないか、まあ、自分の生きているうちには無いだろうくらいの期待はあったと思う。 
そして、1000年に一度の地震と津波による事故にもかかわらず、直接に放射線を原因として死者が出ていない事を、東海村臨界事故と比較しながら考えると、大変よくマネージできていたと言う評価のほうが妥当だと思います。

投稿: 北極熊 | 2017年5月18日 (木) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65293304

この記事へのトラックバック一覧です: で、死傷者数は?:

« 心配する対象が | トップページ | 民進党はここまで堕ちたのか? »