« 反政府なら絶叫すべき?! | トップページ | クレーマー »

2017年5月25日 (木)

共産党や民進党は情報統制する(結果として)

共産党や民進党は情報統制する(結果として)

NHK:衆院憲法審査会 新しい人権などテーマにあす各党が意見表明
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170524/k10010993551000.html
衆院憲法審査会 新しい人権などテーマにあす各党が意見表明

また懇談会では、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長が23日、「一自衛官として申し上げるなら、自衛隊の根拠規定が憲法に明記されることになれば非常にありがたいと思う」と述べたことについて、民進党と共産党が「憲法擁護義務がある公務員が発言すべきでない」と批判したのに対し、自民党は、「個人的な意見で問題ない」と述べました。

自衛隊(軍隊)は政治に介入すべきではない。しかし軍の考え、軍の予想を抜きに政治判断が出来ないことも事実だ。

軍が「とても勝てない」と思っているときに、その軍の口を封じて政治的正しさだけで決断したらどうなるだろうか。その国の国民は政治的正しさの為に巨大な犠牲を払うことになるだろう。

軍は政治に口出しすべきではない、しかし、軍隊が(軍人が)何を考え何を思っているかを知ることなしに政治的な判断を行うのは危険だ。

  *        *        *

共産党や民進党の議論は正しいだろうか。正しい部分もあるだろう。しかし、結果として軍人の口を封じ情報統制することになる。それでは間違う可能性を高めてしまう。

  *        *        *

様々理由をつけて審議を遅らせるのは少数派として当然の戦術ではあるけれど、相手に勝つ(政権を獲得する)つもりなら、相手の土俵に乗り込んで、それでも勝つぐらいのことを見せて欲しい。

というか、審議拒否のニュースを見ると、「あぁ、共産党や民進党は政権を奪るつもりはないのだろうなぁ」と思ってしまうのですよね(たまに)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 反政府なら絶叫すべき?! | トップページ | クレーマー »

コメント

憲法99条の公務員の憲法擁護義務は、現行の憲法を擁護する義務なんだろうが、現行の憲法で自衛隊は9条2項に反する違憲状態ではないというのが目下の憲法解釈なのだからそれも含めての擁護義務があると考えてよかろう。 さらに、憲法には改正手続きの規定がある訳だから、憲法改正についての発言が憲法擁護違反とはならないのではないか?そういう背景で、憲法解釈により既に憲法の一部になっている事柄が明記されるのはありがたいと言う発言は、極めて真っ当な発言と思われる。 

投稿: 北極熊 | 2017年5月25日 (木) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65324915

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党や民進党は情報統制する(結果として):

« 反政府なら絶叫すべき?! | トップページ | クレーマー »