« 不寛容な時代 | トップページ | 憲法九条と比べたら »

2017年6月26日 (月)

共謀罪はどこへいった

共謀罪はどこへいった

NHK:民進 蓮舫代表「憲法守り 臨時国会の召集を」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170625/k10011029861000.html

民進党の蓮舫代表は、東京都内で記者団に対し、「安倍総理大臣は憲法改正に言及する前に、憲法を守るべきだ」として、民進党などが、憲法の規定に基づいて求める、臨時国会の召集に速やかに応じるべきだという考えを示しました。

民主主義の存続と加計学園問題、どちらが大切かと問えば答えは明らかでしょう。しかし、野党から共謀罪についての発言は聞かれなくなりました。マスコミからも流れなくなりました。

完全なゼロになったわけではないでしょうが、ほとんど目にしなくなったのは事実です。

  *        *        *

いつもの風景です。重大な法案の前には大騒ぎがあり大袈裟な言葉で政府が非難される。そして、成立したらパタッと聞かれなくなります。

  *        *        *

「流行は見るに堪えられないほど醜い外貌をしているので、六ヶ月ごとに変えなければならないのだ」という名言をご存知の方もいらっしゃるでしょう。

政策論議は流行ではありません。ですから、本来、流行り廃りは無いものです。社会の変化に従って変わることはあるかもしれませんが、その場合だって長期的なゆっくりとした変化のはずです。

結論はブレるかもしれませんがテーマは変わらないはずです。

しかし、政府への攻撃は流行のように変わる。何故なのでしょうか。

私には、野党やマスコミが政策ではなく流行として、つまり視聴者に受けるかどうか、騒ぐことが出来るどうかで話題を選んでいるからのように見えてなりません。

でなければ共謀罪についての報道がここまで減ることが理解できません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 不寛容な時代 | トップページ | 憲法九条と比べたら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65458960

この記事へのトラックバック一覧です: 共謀罪はどこへいった:

« 不寛容な時代 | トップページ | 憲法九条と比べたら »