« 蓮舫さんは民進党に相応しい代表でした | トップページ | 多民族国家は良いものなのか? »

2017年7月30日 (日)

国民としての判断は

国民としての判断は

毎日新聞 社説:北朝鮮の弾道ミサイル 看過できない技術の進展
http://mainichi.jp/articles/20170730/ddm/005/070/009000c

NHKは室蘭市の屋外カメラでミサイルと見られる閃光(せんこう)を捉えていた。その映像は落下地点がより日本に近かったことを物語る。暗闇の中を垂直に落ちていく様子は見る者に恐怖感を与えた。

発射は、稲田朋美前防衛相ら防衛省トップ級3人がそろって辞任すると発表された日の深夜でもあった。不適切な防衛相人事に起因する防衛省・自衛隊の混乱とミサイル発射が重なったことを、安倍晋三首相は深刻に受け止めるべきだ。

安倍首相は防衛大臣を選択し防衛省や自衛隊ひきしめを行わなければなりません。では、私達国民は何をするべきでしょうか。私達は国民として、どの政治家に、あるいは、どの政党に任せるかを判断しなければなりません。

でも、残念な事に自民党以外に選択肢がないんですよね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 蓮舫さんは民進党に相応しい代表でした | トップページ | 多民族国家は良いものなのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65597197

この記事へのトラックバック一覧です: 国民としての判断は:

« 蓮舫さんは民進党に相応しい代表でした | トップページ | 多民族国家は良いものなのか? »