« 労働者の代表? | トップページ | 拉致は「大人の都合」ですか »

2017年7月21日 (金)

反中・反米と嫌韓の違い

反中・反米と嫌韓の違い

時事通信:徴用工像、10月設置の動き=済州の日本総領事館前-韓国団体
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072001022&g=soc

韓国の労働組合などで構成する「強制徴用労働者像建設推進委員会」は20日、済州市で発足の記者会見を行い、日本の植民地支配時代に徴用された労働者を象徴する像を同市内の日本総領事館前に設置する計画を発表した。資金を募り、10月中旬の設置を目標としている。

「反中」、「反米」などの言葉は、その国に反発、対抗する言葉だけれど、「嫌韓」は反発や対抗というよりも「嫌い」ということで、何かが違う。

それは引用した記事にある行為に代表されるように、韓国(あるい朝鮮半島)を日本が支配したということを、韓国人自身が日本人に再確認させているからではないか。

支配、つまり優越していた。勝ったということ。

  *        *        *

徴用工や慰安婦の歴史的事実がどうであれ、朝鮮半島を日本が支配した。支配しなければ徴用工も慰安婦も存在しません。だから、韓国が抗議する度に日本のどこかの無意識の優越感を刺激しているのではないか。

だから抗議されて五月蝿くて面倒で嫌だけれど、中国やアメリカのような恐怖感を韓国に対して抱くことはない。それが、「反中」、「反米」と中国やアメリカに対しては「反」と言うけれど、韓国に対しては「嫌」となるのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 労働者の代表? | トップページ | 拉致は「大人の都合」ですか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65560956

この記事へのトラックバック一覧です: 反中・反米と嫌韓の違い:

« 労働者の代表? | トップページ | 拉致は「大人の都合」ですか »