« 入社試験と差別とネット | トップページ | 国民としての判断は »

2017年7月29日 (土)

蓮舫さんは民進党に相応しい代表でした

蓮舫さんは民進党に相応しい代表でした

西日本新聞 社説:蓮舫氏辞任 政治不信の高まり危ぶむ
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/346498

蓮舫氏は党勢低迷を「ひとえに私の足らざるところ」と語った。代表の責任もあるが、それだけではあるまい。旧民主党時代の政権転落以来、いつまでたっても国民が納得するような総括も反省もできない党全体の責任である。

人気の高い蓮舫氏を「選挙の顔」として代表に選びながら、内輪もめを繰り返す民進党の体質は相変わらずだった。

蓮舫さんは民進党らしい代表だったと思います。政策が決められないこと、他人の批判はできても、自分の身を律することはできないこと、派手さはあっても中身が伴わないこと、蓮舫さんの言動へのイメージと民進党のイメージは、とっても重なります。

蓮舫さんは民進党に相応しい代表でした。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 入社試験と差別とネット | トップページ | 国民としての判断は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65592875

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫さんは民進党に相応しい代表でした:

« 入社試験と差別とネット | トップページ | 国民としての判断は »