« 福島原発事故の教訓 | トップページ | オプスレイは危険な機体か? »

2017年7月24日 (月)

交通事故は憲法違反か

交通事故は憲法違反か

朝日新聞 社説:憲法70年 「原発と人権」問い直す
http://www.asahi.com/articles/DA3S13050965.html?ref=editorial_backnumber

福島県では今も数万人が県内外で避難を続ける。長年のなりわいや家屋を失った人は数え切れず、居住、職業選択の自由(22条)、財産権(29条)の侵害は著しい。多くの子が故郷の学校に通えなくなり、教育を受ける権利(26条)も揺らいだ。

そして何より、事故は多くの人を「関連死」に追い込んだ。

「原発事故で、憲法に書いてある生活ができなくされた。これは憲法違反でしょう」。桜井市長は語気を強めて言う。

「原発事故で、憲法に書いてある生活ができなくされた。これは憲法違反でしょう」

ならば、交通事故で生活できなくなったら「交通事故は(あるは交通事故を起こす自動車は)憲法違反」と言うのでしょうか?

  *        *        *

「そして何より、事故は多くの人を『関連死』に追い込んだ」

朝日新聞でさえ、福島原発事故で漏洩した放射能での健康被害を見つけられていません。だって、漏洩した放射能で健康被害があったなら関連死どころでない大騒ぎするはずですから。彼等が大騒ぎしていないのは見つけられていないから。

  *        *        *

いのちが大事、憲法が大事というのであれば、原発を特別視するのは間違いです。政権への攻撃や反原発であれば、原発を特別視してもかまいませんが、事実として危険は原発だけじゃありませんから、いのちが大事とか憲法違反とか言い出したら様々なツッコミを受けることになります。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 福島原発事故の教訓 | トップページ | オプスレイは危険な機体か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65573495

この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故は憲法違反か:

« 福島原発事故の教訓 | トップページ | オプスレイは危険な機体か? »