« 今後何十年も普天間を使いつづけましょう、ですか? | トップページ | たいした圧力になるとは »

2017年7月 9日 (日)

国際社会に何が出来るの?

国際社会に何が出来るの?

NHK:「ICBMの脅威 国際社会は」(時論公論)
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/274924.html

北朝鮮に確実にストップをかけられる手段を国際社会は見つけ出せていません。日本の安全保障環境をも大きく変えることになりかねないICBMの完成まで残り時間は少なくなり、北朝鮮非核化へ道はいっそう厳しくなっています。その現実が私たちに突きつけられているように思います。

仮に、北朝鮮の核ミサイルが日本に着弾して大規模な被害が出たとして、国際社会は何をしてくれるのだろうか。

何もしてくれないだろう。いや、非難声明が出され祈りが捧げられるだろうが、それだけだ。

現在進行形で起きている悲劇、中東やアフリカで起きている悲劇に対する国際社会の無力さを見るにつけ、そう思わざる得ない。結局、自分の身は自分で守る以外にないのだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 今後何十年も普天間を使いつづけましょう、ですか? | トップページ | たいした圧力になるとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65510789

この記事へのトラックバック一覧です: 国際社会に何が出来るの?:

« 今後何十年も普天間を使いつづけましょう、ですか? | トップページ | たいした圧力になるとは »