« オプスレイは危険な機体か? | トップページ | あぁ、金持ちの考え方だ »

2017年7月26日 (水)

どんな受け皿?

どんな受け皿?

中日新聞 社説:国民の目は厳しく 揺らぐ「安倍一強」 
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2017072502000102.html

首相が今後いくら丁寧な説明や政権運営に努めたとしても、憲法軽視の政治姿勢を改めない限り、弥縫(びほう)策にすぎない。「安倍政治」の転換は、首相自身が進退を決断しないと無理かもしれない。

世論調査結果が示すとおり、安倍内閣継続の大きな要因は「他に適当な人がいない」からだ。都議選のように受け皿さえあれば批判票は集約できる。

来年九月には自民党総裁選、十二月までには衆院選がある。そのときまでに「安倍政治」に代わる選択肢を示せるのか。与野党ともに存在意義が問われている。

「都議選のように受け皿さえあれば批判票は集約できる」

いや、そらそうなんですけど、その受け皿が無いじゃないですか。都議選は都知事選挙の続きで、都知事選挙は個人が表に出る。小池さんという存在があればこその都知事選挙の勝利であり、都議会選挙での勝利がある。で、小池さんのような方がほいほいいる訳がない。

で、小池さんの政治的立場は右か左かといえは、右なのですよね。

  *        *        *

私は自分自身を共産主義者でもなければ、リベラルでもないと思っています。しかし、極右でもない。ゆる~い保守、左じゃない程度の保守。私は極右政党が政権を獲ることを望んでいません。

  *        *        *

安倍政権や自民党政権に対抗できる受け皿はどんなものになるでしょうか。リベラル・左翼では無理でしょう。他国の脅威があるときに、みんな仲良くなどという政党が受け入れられるとは思えません。その「みんな」に他国が入っているようでは。

彼らは生理的に嫌われているようにも見えますしね。また、アメリカでトランプ大統領が誕生したり、欧州で極右政党が既存政治性力の代替として伸長していますが、左翼やリベラルの政党が既存勢力として伸長しているようには見えません。

ですから、私は、安倍政権や自民党政権に代わり得る(打撃を与えうる)受け皿は、小池さんのような右翼から出てくるだろうと思っています。中日新聞的には気にいらないでしょうが。

  *        *        *

受け皿が、願わくば実務能力のある方でありますように。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« オプスレイは危険な機体か? | トップページ | あぁ、金持ちの考え方だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65581375

この記事へのトラックバック一覧です: どんな受け皿?:

« オプスレイは危険な機体か? | トップページ | あぁ、金持ちの考え方だ »