« 武器の優劣は豪華かどうかではない | トップページ | 自民党内に多様性が必要なのであれば »

2017年8月13日 (日)

アメリカから離れたら安全か?

アメリカから離れたら安全か?

信州毎日新聞 社説:米国と北朝鮮 緊張あおる言動を慎め
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170812/KT170811ETI090001000.php

日本政府の対応も疑問だ。小野寺五典防衛相は安全保障関連法に基づき、集団的自衛権の行使可能な存立危機事態の認定もあり得るとの見解を国会で示した。海上自衛隊のイージス艦からの迎撃が想定される。

グアムにある米軍基地が「日米同盟」にとって重要との認識だろうが、北朝鮮は米国の領域外に着弾するとした。仮に領域内への落下が確定的になったとしても、自衛隊の出動は国会の事前承認が必要で現実味に欠ける。

日米の軍事的一体化をアピールすることで、逆に危険な状況に巻き込まれることにならないか。自ら火の中に飛び込むような言動はすべきでない。政府にはくれぐれも慎重な対応を求める。

北朝鮮はミサイル技術の進展ぶりを示し、米国との交渉へ持ち込む考えなのかもしれない。危険な瀬戸際戦術である。偶発的な衝突を避けるため、国際社会の冷静な分析と行動が欠かせない。

アメリカから距離をおくと北朝鮮からの攻撃目標にならない、というのは本当だろうか。

アメリカの仲間だから攻撃するというのあるだろう。しかし、アメリカから距離をおいたら、日本はアメリカの援助を受けにくくなります。つまり、北朝鮮にとっては日本を攻撃しても反撃される可能性が低くなる。殴り返さない相手は殴りやすい。

また、日本はアメリカの軍事情報が得にくくなる。北朝鮮のミサイル発射情報を得らなくなりかねない。

「日米の軍事的一体化をアピールすることで、逆に危険な状況に巻き込まれることにならないか」

距離をとったら安全だろうか。私にはそうは思えない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 武器の優劣は豪華かどうかではない | トップページ | 自民党内に多様性が必要なのであれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65657592

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカから離れたら安全か?:

« 武器の優劣は豪華かどうかではない | トップページ | 自民党内に多様性が必要なのであれば »