« メルケル首相のもたらしたもの | トップページ | 美的感覚の違い »

2017年9月27日 (水)

非寛容と寛容は同居できるか

非寛容と寛容は同居できるか

中日新聞 社説:ドイツ総選挙 寛容社会を守ってこそ
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2017092702000112.html

ナチスへの反省を踏まえた寛容で多様な社会づくりこそ、戦後ドイツが国是としてきたものだ。移民や難民と共存していく知恵を絞り、「選択肢」の過激化や勢力拡大に歯止めを掛けてほしい。

移民や難民にもいろんな人がいる、非寛容な人だっているだろう。そういった人々が入ってきたときどうするのだろうか。移民や難民は立場が弱いから表面化しないだけで多数派になり社会的な力を持ったらどうなるのだろうか。

寛容な社会は寛容なままでいられるのだろうか。

  *        *        *

「ナチスへの反省を踏まえた寛容で多様な社会」も良いけれども、反省して自分が無くなっちゃたら意味がありません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« メルケル首相のもたらしたもの | トップページ | 美的感覚の違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65842168

この記事へのトラックバック一覧です: 非寛容と寛容は同居できるか:

« メルケル首相のもたらしたもの | トップページ | 美的感覚の違い »