« 記者ってどんな人? | トップページ | 言葉が通じない相手 »

2017年9月 3日 (日)

人間の時間は有限

人間の時間は有限

NewSphere:「日本は気軽にナチスを扱ってしまう」 麻生氏のヒトラー発言、海外に波紋
https://newsphere.jp/national/20170902-2/

CNNは今回の問題を受けて、「ナチスとの比較、彼らが使用していた象徴や(ユニフォームなどの)道具類を気軽に使用するというのは、日本や多くのアジアの国の問題である」と書く。例えば、昨年の欅坂46のステージ衣装騒動だ。アイドルグループがナチス・ドイツの軍服に似た衣装を着たのはハロウィンコンサートである。偶然の一致ではなさそうで、製作者はハロウィンということでまさに、“気軽に”ナチスの軍服に似せたのだろう。

一連のナチス言及の不祥事について、サイモン・ウィーゼンタール・センターのラビ・アブラハム・クーパー氏は(日本人には)もっと教育が必要だとして、CNNのインタビューに「根本的に何かが無く、欠けているものがあるのです。それは間違いなく日本の良い印象に影を落としてしまいます」と答えている。

人間の持っている時間は有限です。ナチス関連の教育に時間を費やせば、そのぶん何かの教育時間が減ってしまいます。何かが教えられなくなります。

  *        *       *

極端なことを言えば、日本を初めアジアの国々がドイツと全く同じ教育をすれば、ナチスに対する認識も変わり不祥事も少なくなるでしょう。しかし、代償として独自の文化や歴史を無くしてしまいます。

そこまで極端でなくても、やっぱり何が失われてしまいます。

  *        *       *

ユダヤやヨーロッパの方々にとってみれば、何より大事なことかもしれませんし、他と比較するのもタブーかもしれません。文化や歴史などというレベルより深く魂に刻みつけられているかもしれません。しかし、それでもやっぱり、何かを教えたら(学んだら)他の何かを諦めることになる。

結果として、文化や価値観の生き残り競争になってしまう。

  *        *       *

「根本的に何かが無く、欠けているものがあるのです」

日本はユダヤじゃありませんから、ユダヤにとって必須のもので欠けているものがあっても当然です。もし、ユダヤにとって、ではなく「人間」などという大きな単語で「欠けているものがある」などと思っているのであれば、日本が千年以上の歴史を積み重ねていることをどう思っているのでしょうか。「欠けているものがある」のに歴史を積み重ね継続できていることを不思議と思わないのでしょうか。

  *        *       *

ありそうなのは無自覚に「欠けているものがある」と言っていることです。人間、自分の価値観を相対的にとらえることは難しく、自分と違うものを否定的にとらえてしまいますから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 記者ってどんな人? | トップページ | 言葉が通じない相手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65743897

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の時間は有限:

« 記者ってどんな人? | トップページ | 言葉が通じない相手 »