« 何度目の茶番劇? | トップページ | 定数削減が身を切る改革だって? »

2017年9月30日 (土)

改憲して何が悪いの?

改憲して何が悪いの?

新潟日報 社説:衆院解散 問うべきは「安倍政治」だ
http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/editorial/20170929348843.html

大きな気がかりは、小池氏が候補者選別の考えを示していることだ。公認希望者の憲法観や安全保障観を見極めていくという。

民進党には左派、リベラル系議員もいる。「解党」で改憲への動きが加速しないか懸念が募る。

希望の党は「改革保守」をうたう。小池氏は自民党時代、防衛相を務めた。だが首相が唱えた9条改憲への方針は明確といえない。

「反安倍政権」の保守勢力は、首相が代わった場合に自民党と連携する可能性がないのかどうか。

政党である以上、ある程度の政策や思想の一致は必要だし、左派、リベラル系議員が減って改憲への動きが加速するとしたら、それは国民の意思なんじゃないかな。

改憲して何が悪いと言うのだろうか。


BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 何度目の茶番劇? | トップページ | 定数削減が身を切る改革だって? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65854249

この記事へのトラックバック一覧です: 改憲して何が悪いの?:

« 何度目の茶番劇? | トップページ | 定数削減が身を切る改革だって? »