« 結局、合法なのね | トップページ | 茶髪と美人とブス »

2017年11月14日 (火)

そんなに「第三者機関」って信用できる?

そんなに「第三者機関」って信用できる?

朝日新聞 社説:ヘイト規制 差別許さぬ意識深化を
http://www.asahi.com/articles/DA3S13226213.html?ref=editorial_backnumber

川崎市も昨年、特定団体の公園使用を、市の判断で許可しなかったことがある。これまでは市長と職員が個別に判断してきたが、今回の指針により一定の基準が確保される。

ただ一方で、こうした対策の悩みどころは、表現の自由との兼ねあいだ。

差別的言動を防ぐ目的でできた規制が正当な表現の制約につながったり、時の権力への批判を封じる道具に使われたりすることは断じて認められない。

その意味でも、第三者機関に人権問題の専門家を含めるといった配慮が必要だろう。また、結論にいたる過程の透明性も確保されねばなるまい。

「その意味でも、第三者機関に人権問題の専門家を含めるといった配慮が必要だろう」

その配慮が悪いとは言いませんが、権力が暴走しようと思ったら第三者機関を置いたところでどうにもならないでしょう。だいたい第三者機関の人選は誰がするのでしょうか。行政に選ばれた「人権問題の専門家」が本当に政治的に中立で公平な判断ができるのでしょうか。

   *        *       *

こういう「統制」にかかわることに、自由な立場の第三者を介入させることは良いことなのでしょうか。行政が「第三者」つまり、選挙で選ばれた訳でも行政の人間でもない人間に乗っ取られる恐れはないのでしょうか。

   *        *       *

朝日新聞のような存在が、第三者機関を参加させよと要求すると、乗っとるぞという下心を感じてしまうのは私の心が汚れているからでしょうかね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 結局、合法なのね | トップページ | 茶髪と美人とブス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/66041253

この記事へのトラックバック一覧です: そんなに「第三者機関」って信用できる?:

« 結局、合法なのね | トップページ | 茶髪と美人とブス »