« ちょっと配慮しすぎ | トップページ | 戦争回避のために »

2017年11月 2日 (木)

人を動かすには

人を動かすには

毎日新聞 社説:第4次安倍内閣が発足 「国会に連帯責任」自覚を
http://mainichi.jp/articles/20171102/ddm/005/070/082000c

これをいま強調しなければならないのは、きのう召集された特別国会の会期が開会日当日まで決まらない異常事態に陥ったからだ。

与党は当初、8日間の会期で国会を閉じようとし、野党が反発した。



与党側は国会での野党の質問時間を削減することも提案した。それが国会審議に応じる条件であるかのような駆け引きを続けた背後に、「森友・加計」問題で野党から追及される場面を減らしたい首相へのそんたくがあったと考えざるを得ない。

だって、(議員一人当たりで計算すると)与党議員は野党議員の9分の1しか質問時間がないのだから、国会を開きたいと思う動機が9分の1しかなくても当然ではないだろうか。自分が話せず、意見の異なる他人の話を聞かなくちゃならないと決まっている会議に魅力を感じるだろうか。

  *        *        *

与党議員は会期の短さに不利益を(9分の1しか)感じないのだ。

  *        *        *

もちろん、憲法に決まった権利義務や正しさというものはある。しかし、人間は「正しさ」を押し付けるだけでは動かないのだ。これが「正しい」と言うだけで、憲法にあるから正しいのだ実行せよと言うだけでは人間は動かない。

それで動くのが当然と思っているなら、それは何かの経典や聖なる書にあるから正しいと思い込む原理主義者と変わらない。

  *        *        *

野党の質問時間の削減の是非だけでなく、与党の質問時間が短すぎることも議論するべきではないだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ちょっと配慮しすぎ | トップページ | 戦争回避のために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/65992520

この記事へのトラックバック一覧です: 人を動かすには:

« ちょっと配慮しすぎ | トップページ | 戦争回避のために »