« 増税まで言わなきゃ | トップページ | 戦場を変えるだけ »

2018年2月 4日 (日)

国家による思想の強制

国家による思想の強制

朝日新聞 社説:首相の伊勢参拝に抗議した牧師 「信教の自由、空文に」
https://www.asahi.com/articles/ASL1V66W6L1VULZU00N.html

お伊勢参りの感覚で語られがちな首相の伊勢神宮参拝。年初めに参った安倍晋三首相に抗議文を送った。「公務の一部のように演出した行為で、容認できない」

キリスト教や仏教徒、弁護士でつくる「政教分離の侵害を監視する全国会議」。1974年の結成以来、首相らの伊勢神宮、靖国神社参拝に抗議を続けている。

国家は、国民から出来ている。人間からできている。人間は、なんらかの思想や宗教を必要とする。つまり、国民から出来ている政府が思想や宗教を全く持たないことはありえない。

  *        *        *

政教分離や信教の自由も思想のひとつだ。悪いものだとは言わないけれど、それもまた思想であり、国家や権力による思想の強制(「自由」という思想の押し付け)のひとつになる。

  *        *        *

抗議した人々にその意識があるとは思わないが、彼らのような考えの方が権力を握ったら、「自由」という思想を国民に強制することになるだろう。

  *        *        *

私としては、どのみち強制されるなら、いまのまま(なんとなく神道)の方が良い。

  *        *        *

ところで、今日は日曜日だが、日曜が休日なのはキリスト教からの影響だ。政府が日曜を休日としているのは、政教分離を徹底するとおかしいのではないだろうか。国家による宗教の強制を徹底排除するなら、こちらを非難するべきだ。首相の伊勢参拝よりも、国民生活によほど影響があるのだから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 増税まで言わなきゃ | トップページ | 戦場を変えるだけ »

コメント

要するにこれらの連中にとっては非難の対象はもっぱら神道でしかなく、それ以外の宗教に関しては信仰の自由の範疇で野放しにするのです。
つまり、連中が行うであろう自由の強制とは、神道以外を強制すると言う事ですな。

投稿: DUCE | 2018年2月 4日 (日) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/66355328

この記事へのトラックバック一覧です: 国家による思想の強制:

« 増税まで言わなきゃ | トップページ | 戦場を変えるだけ »